記事

日本酒サブスク登場!四合瓶が月2本4780円から 「日本酒入門コース」「利き酒師が選ぶ"今が飲み頃の地酒"」

日本酒サブスク登場!

日本酒サブスク登場!

日本酒のサブスクリプションサービスが開始した。現代経営技術研究所が運営する月額制オンラインショッピングモール「subsc」に9月3日、「新潟亀田 わたご酒店」が新規オープンした。

新潟県の酒屋であるわたご酒店では、全国各地の酒蔵を訪れ、厳選した地酒を販売している。その地酒の中から、毎月720ミリリットルを2本、月額4780円(送料・税込)から届ける。コースは「日本酒入門コース」(月額4980円)と「今が飲み頃の地酒」(月額4780円)の2種類がある。

「お米を磨く意味って?」「今日本酒のトレンドって?」などテーマに沿った2本が届く

「日本酒入門コース」は日本酒に詳しくなりたい、違いがわかるようになりたいという人におすすめだ。毎月「精米歩合違い…お米を磨く意味って?」「日本酒最前線…今日本酒のトレンドって?」といったテーマにそった2本と解説シートが届く。

利き酒師が選ぶ「今が飲み頃の地酒」は「日本酒が好きだけど、どうやって選んでいいか分からない」「季節にあった飲み頃の日本酒がほしい」という人向け。利き酒師が選ぶ"今飲むべき酒"2本と解説シートが届く。同サービスはいつでも解約可能。1回スキップさせることもできる。

わたご酒店は「どこにでもある消えゆくまちの酒屋」だったというが、2017年に創業者の孫・寺田和広氏が東京の老舗地酒専門店での修行先から戻り、現在は「地酒専門店」と「人が集まる、まちの酒屋」を目指している。

同店が取り扱う日本酒について、リリースでは「若く情熱のある蔵元が多く、無名であってもしっかりとした酒を醸し、今後ブレイクする蔵元かもしれません」と記されている。

あわせて読みたい

「日本酒」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  4. 4

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  5. 5

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  6. 6

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  7. 7

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    野党4党、あす内閣不信任決議案を提出へ

    ABEMA TIMES

    06月14日 19:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。