記事

週刊ポストは「断韓」記事を堂々と載せるべし

「韓国なんて要らない」という週刊ポストの特集に、作家たちから怒りの声だという。

深沢潮は「差別扇動を見過ごせない」として連載休止。
柳美里は「人種差別と憎悪をあおるヘイトスピーチ」と批判して小学館と仕事しないと言う。
内田樹は「今後、小学館の仕事はしない」と明言。

わしの見解を言うと、「怒りを抑えられない韓国人の病理」という記事は、ネトウヨっぽい、差別に繋がる記事だと思うが、「断韓」という政治的意見は「言論・表現の自由」の範囲内だろう。

小学館は病気扱いの記事のみ謝罪しておけばいいのであって、「断韓」記事は今後も堂々と続けるべきである。

作家たちは「新潮45」廃刊の再現を望んでいるのだろうが、わしは「表現の委縮・不自由」を扇動する作家たちに屈してはならないと思う。

内田樹がこんな薄っぺらい偽善者とは思わなかった。
何を哲学して、何を思想しているのか?

それでは福沢諭吉の『脱亜論』は「差別扇動」の文章として発禁になるのか?

徐台教(ソ・テギョ)氏の「これまで数年間ずっと続いてきた論調が今になって強く批判される理由はどこにあるのでしょうか。日韓関係が悪くなったから、いよいよ放っておけないということなのかな」という意見が一番冷静なんじゃないか?

しょせん韓国と断交なんかできやしない。
そう言いたくなるほど、腹に据えかねてるという気持ちを表出するのも、「表現の自由」だろう。
作家が「もう書かない」と脅迫すれば、出版社が「表現の委縮」に走る。
それを狙っているのなら、「表現の不自由展、その後」を抗議で潰した右翼と同じじゃないか!

右派も左派も、自分のイデオロギーに反する「表現の委縮」「表現の不自由」を望むらしい!

香港では権力による「表現の弾圧」と命がけで戦ってる若者がいるというのに、日本では民間人どうしの「表現の潰しあい」ばっかりやっている。
臆病で、偽善的で、劣化した連中ばっかりだ。

あわせて読みたい

「週刊ポスト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  2. 2

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  3. 3

    廃棄が9割 ジビエブームの裏側

    BLOGOS編集部

  4. 4

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  5. 5

    立民議員 ホテル側の説明に期待

    大串博志

  6. 6

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  7. 7

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    秋篠宮さま「即位辞退」の現実味

    NEWSポストセブン

  9. 9

    沢尻逮捕に医師「作品は別では」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    京急に「たぴおおおか駅」が爆誕

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。