記事

ブラジル大統領、「評価せず」増加 アマゾン火災問題響く


[ブラジリア 2日 ロイター] - 調査会社ダッタフォーリャの世論調査によると、ブラジルのボルソナロ大統領について、「悪いまたはひどい」仕事をしているとの回答の割合が全体の38%となり、7月に行われた前回調査時の33%から上昇した。

一方、大統領が「素晴らしいまたは良い」仕事をしているとの回答の割合は29%で、同33%から低下した。大統領が「普通の」仕事をしているとの回答の割合は30%。前回は31%で、違いは誤差の範囲内という。アマゾンの森林火災に対する対応を巡り、世論が分かれている実態が浮き彫りとなった。

ブラジリアに拠点をおくコンサルタント会社キャピタル・ポリティコのパートナー、レオナルド・バレット氏は、調査では通常、大統領を評価する、評価しない、普通との3通りの回答が等分に割れるが、今回は「評価しない」が「評価する」を上回り、異なっていると指摘した。

調査ではまた、大統領のアマゾン火災問題への対応ぶりが「悪いまたはひどい」との回答の割合が51%となった。

バレット氏は、選挙でそろってボルソナロ氏に投票した農業関係者が、初めて大統領への支持を見直している可能性が出てきたと指摘。「これは、大統領の選挙基盤に影響する」と述べた。

農業関係者はアマゾンにおける放火犯を阻止できない状況や、この問題がブラジル農産物の海外需要に打撃をもたらす恐れがあることを問題視している可能性があるという。

調査では、国民の66%がアマゾン森林破壊対策のため国際支援を受け入れるべきと回答した。

調査は8月29─30日、全土175都市で2878人を対象に実施。誤差は2%。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  6. 6

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  7. 7

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。