記事

「反日に失望」「悲しい」日本にいる韓国人の声 一方韓国政府の本音は 「謝り続けてほしい」?



 輸出管理の優遇国“ホワイト国”からの除外や軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄をめぐり、対立が続く日本と韓国。「政治と民間は別」といった声もある中、今の状況を日本にいる韓国人はどのように捉えているのか。AbemaTV『けやきヒルズ』が新大久保で調査すると、関係悪化を憂う声が聞こえてきた。

 飲食店で働く男性は「(日本で)韓国が嫌いな人いる?とか、日本との関係が良くないから『日本に行かないで』とインスタグラムとかにあげるのが嫌いです。有名人があげたらすぐにアンフォローする。失望しています」とコメント。別の男性からは「お父さんは文政権がちょっと嫌い。(韓国国内で)以前は仕事がいっぱいあったけど、今はちょっとだけ」といった声が上がる。また、「個人的には悲しいなと思う。仲良くしたらいいと思う」「政治家の問題だから、別に気にしていない」という意見もあった。



 1日から東南アジア3カ国(ミャンマー、ラオス、タイ)を訪問する韓国の文在寅大統領は、先月30日付のバンコク・ポストのインタビューに「日本がとった今回の措置の被害は世界経済にも否定的な影響を及ぼしかねない。わが政府は対話を通じて外交的にこの問題を解決しようとしている。日本が対話と外交協議の場に出てくるようASEANに協力を求めたい」と答えている。

 先月15日の光復節演説で文大統領は「今からでも日本が対話と協力の道に出るなら、私たちは喜んで手を握る」と一時は融和姿勢も見せたが、ここで再びの強硬姿勢。

臨床心理士で心理カウンセラーも務める明星大学准教授の藤井靖氏は「韓国は日本に対して感情的な部分が大きく出てくるところがあって、一言でいえば『一生謝り続けてほしい』という態度だと思う。これまで日本は謝罪の意を示したり譲って対話をしてきたりした歴史はあるが、いまは一定の距離を保って毅然と対応している。そんな中で、韓国は謝り続けられて自分たちが優位に立った外交ルートというのが崩れつつあるのだと思う」との見方を示す。



 また、日本側は静観すべきだとした上で、「民間レベルでは、インタビューでもあったように悲しい気持ちを持っている人が多いと思う。とはいえ、大統領という立場になれば、国としてこれまでとって来た立場をとらざるを得ないということ。日韓関係の改善は時間がかかると思う」とした。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶【映像】「反日に失望」日本にいる韓国人の声は

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMなしスマホが技適通過

    S-MAX

  2. 2

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  3. 3

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  4. 4

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  5. 5

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  6. 6

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  7. 7

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  8. 8

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  9. 9

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  10. 10

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。