記事

ジョンソン英首相、総選挙辞さぬ構え 議会が合意なき離脱阻止なら


[ロンドン 2日 ロイター] - ジョンソン英首相は2日、英国の欧州連合(EU)離脱延期をEU側に要請する可能性を排除し、議会が英「合意なき」EU離脱を阻止すれば、総選挙の実施を余儀なくされるとの考えを示した。

議会は3日、夏休みの休会を終え再開する。合意なき離脱に反対する野党・労働党と与党・保守党の造反議員はEU離脱期日を3カ月延期する法案の可決を目指す構えを明示している。

ジョンソン首相はこの日開いた閣議後、「EUに対し延期を要請することはまずないと理解してもらいたい」と言明。「英国は10月31日にEUを離脱する。たら、ればはない」と述べた。

その上で「私も誰も総選挙を望んでいない。国民の課題を進めていくべきだ」とした。議員がEU離脱延期を可決すれば、英国の立場を大幅に弱体化させ、「今後の交渉は完全に不可能となる」と強調した。

政府高官によると、議会が合意なき離脱阻止に動けば、ジョンソン首相は早ければ10月14日に総選挙に踏み切る考えという。

保守党の院内幹事室の高官がこの日、造反議員には除名や次の選挙で保守党からの立候補禁止の処分が下されると警告したことを受け[nL3N25T29Z]、ジョンソン首相が10月17─18日のEU首脳会議前に総選挙を実施する可能性があるとの観測が高まっていた。

労働党のコービン党首は「総選挙を求める」とし、ジョンソン首相の「偽りの大衆主義の徒党」を排除すると言明。「合意なき離脱を阻止するために一丸となる必要がある。今週が最後のチャンスかもしれない」と述べた。

トニー・ブレア元首相は、ジョンソン氏が労働党に対し仕掛ける「大きな罠」を回避するよう警告。「ジョンソン氏は、合意なき離脱案のみでは失敗する可能性があるが、総選挙を組み合わせれば勝利する可能性があることを理解している。コービン氏が首相になるとの懸念が存在するからだ」とけん制した。

ジョンソン首相の報道官は、総選挙を計画しているかとの記者団からの質問に対し「首相がこれまでも述べてきている通り、総選挙は望んでいない」とした。

英ブックメーカー(賭け屋)のラドブロークスによると、年内に総選挙が実施される確率は75%との見方が織り込まれ、10月と見る向きが最も高い。

総選挙となった場合(1)EU離脱を支持するジョンソン政権が勝利(2)コービン党首率いる労働党が勝利(3)宙づり議会(ハングパーラメント)となり、連立政権や少数与党政権が誕生する──といったシナリオが考えられるという。[nL3N25T29Z]

*内容を追加して再送します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「ボリス・ジョンソン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  7. 7

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。