記事

疑惑まみれの「韓国大統領の側近」捜査のカギは携帯電話

写真:YONHAP NEWS/アフロ

 9月2日、韓国の文在寅大統領の側近であるチョグク氏が緊急会見を開いた。次期法務大臣として腕を振るうはずだったチョ氏には、ここにきて数々の疑惑が持ち上がっている。

 会見は、「次期法相候補のチョグクだ。今日は重い気持ちでこの場についている。多くの疑惑などに対し、忠実に答え、説明することが正しいと考えている。国民の皆さん申し訳ない。過分な期待を受けたのに、大きな失望を与えた」という謝罪から始まった。

 現在、チョ氏にかけられている主な疑惑は次のとおり。

◯娘の高麗大学不正入学疑惑
◯娘の大学院での奨学金の不正受給疑惑
◯息子の5回にわたる兵役逃れ疑惑
◯チョ氏の父親が遺した債務逃れ疑惑
◯家族ぐるみの投資ファンドでの資産隠し疑惑

 会見でチョ氏は、自らにかかる一切の疑惑について、関与を否定する。

 娘が高校時代、2週間のインターンで医学論文の第一著者になり、超名門大学に不正入学したという疑惑については、「大学関係者と連絡したこともない」と関与を否定したが、「いま見れば、高校生が第一著者になったことをいぶかしいと、私も考える」とコメントしている。

『コリア・レポート』編集長の辺真一氏によると、検察側が最も力を入れて解明しようとするのは、チョ氏の投資ファンド問題だという。

「なぜなら、この件は、直接チョ氏が関わっている可能性がとても高いからです。2017年、彼が『民情首席秘書官』になってから、権力を行使して、有力な投資情報を入手し、家族に流していたと検察側は見ているんでしょう。

 検察はいろんなところにガサ入れしたものの、1つだけ取り上げられなかったものがあった。それがチョ氏の携帯電話です。これから捜査のカギとなるのは、この携帯でしょうね。これさえ取り上げられれば、家族とどんなやり取りをして投資してきたのか、ある程度たどれますから」

 今後、チョ氏の携帯が差し押さえられる可能性はあるのか。

「可能性は十分にあります。というのも、今後チョ氏の奥さんなど、家族に対する捜査も進んでいくからです。チョ氏の自宅が家宅捜索されれば、携帯を押さえる話も出てくるでしょう。

 チョ氏の携帯でなくとも、家族のものを押さえることができれば万々歳ですよ。やり取りの記録は、相手の携帯にも残っているはずですから」

 検察の捜査について、チョ氏は「捜査に影響を与えないため」として、コメントを避けた。そのうえで、法務大臣への就任に意欲を見せたが、はたしてチョ氏は数々の疑惑をクリアにできるのか。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。