記事

東京メトロ、視覚障がい者向けの新たな音声道案内サービスを導入へ

1/2

東京メトロは視覚障がい者向けの新たな道案内サービス「shikAI(シカイ)」導入の検討を始めた。 検証の結果を見極め、問題がなければ遅くとも今年度中にユーザーへの公開や導入駅の拡大をする。

「shikAI」は足元の黄色い点状ブロックに表示されたQRコードに、専用アプリ入れたスマートフォンをかざすと音声案内が流れる仕組み。検証は有楽町線の新木場駅と辰巳駅で行う。 両駅は2020年東京オリンピック・パラリンピック会場の最寄り駅。

東京メトロの企業価値創造部の工藤愛未主任は「(大会までに)安全・便利に駅を利用できるようにしたい」と話す。(サステナブル・ブランド ジャパン編集局=沖本啓一)

「改札です。直進4メートル」「階段です。17段降り、踊り場があり、さらに17段降ります」「2メートル前方、左側にトイレ、右側に誰でもトイレがあります」――。

駅構内の点状ブロック上の100箇所以上に設置されたQRコードに、専用のアプリをインストールしたスマートフォンをかざすと、利用者の侵入方向や今いる地点によって「右左折」「目的地までの距離」などの適切な案内が流れる。東京メトロが2017年から開発・検証し、導入を検討を始めた「shikAI」は、音声による駅構内ナビゲーションシステムだ。

視覚障がい者は誘導用ブロックと白杖(はくじょう)を頼りに駅を利用している。行き先が明確に案内されるわけではないため不慣れな駅では迷いやすく、不安も大きいという。

「shikAI」ではアプリ上で「改札」「トイレ」などの行き先を指定することができ、スマートフォンを地面に向けたまま誘導用ブロックに沿って歩けば、QRコードが設置された地点で音声案内が流れる。アプリの操作も音声読み上げで行うことができる。

白杖を持ち、もう片方の手でスマートフォンを地面にかざして歩く。検証に参加した松尾政輝さん

ホームから案内に従い階段へ。検証に参加した高橋玲子さん

あわせて読みたい

「視覚障害」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  2. 2

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  4. 4

    韓国法相辞任 反日弱まる可能性

    文春オンライン

  5. 5

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  6. 6

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  7. 7

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  8. 8

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  9. 9

    台風19号 タワマン断水続き悲鳴

    文春オンライン

  10. 10

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。