記事

“ハマのドン”が交代 横浜カジノ誘致に追い風が吹き出した

横浜は当選確実?(写真/時事通信フォト)

 菅義偉・官房長官のお膝元である横浜のカジノ誘致“出馬表明”は、ライバルの候補地に衝撃を与えた。現在、国の認可の上限は3か所。候補地は全国10都市あまりだが、その中で一気に“本命”に躍り出た。

 早くからカジノ推進の旗振り役だった菅氏は「ギャンブル等依存症対策基本法」を作って慎重派だった公明党を説得し、カジノ開設までの手続きや営業規制などを定めた「IR(統合型リゾート)実施法」を成立させた中心人物だ。

 この秋、政府はいよいよ事業免許の審査や事業者を監督する独立機関「カジノ管理委員会」を設立し、認可に向けた基本方針を公表する。

 当然、菅氏は「その委員の人選から都市の選定まで大きな影響力を持つ」(カジノ議連幹部)とされる。

 まさにこれから選ぶという時に、その菅氏の側近として知られる林文子・横浜市長が観光名所「山下公園」に隣接する山下埠頭へのカジノ誘致を正式表明したのだから“1枠決まり”とみられるのは当然だろう。

 しかし、横浜の表明がギリギリになったのには事情があった。「ハマのドン」と呼ばれ、横浜港の港湾荷役を取り仕切ってきた横浜港運協会の藤木幸夫・会長の存在だ。

 地元政財界に隠然たる力を持つ重鎮で、菅氏の古くからの有力後援者だが、港湾荷役の拠点である山下埠頭へのカジノ建設に反対して2人は対立している。今回、「山下埠頭は聖地、博打場にはしない。命を張ってでも反対する」と記者会見で気を吐いた人物だ。地元経済人が語る。

「横浜は観光都市。経済界の多くはカジノリゾートの建設に賛成だが、藤木会長がウンと言わない限り無理だと思っていた。しかし、林市長はドンの反対を承知で誘致を表明した。政権中枢にいる菅さんの力が地元でも藤木会長を上回ったということでしょう」

“ハマのドン”の交代である。

 菅氏の勢いを見て米国企業も動いた。これまで誘致合戦で先行していたのは万博会場予定地の夢洲(ゆめしま)に「1兆円カジノ付きリゾート」建設をぶち上げている大阪だ。米国など海外の多くのカジノ運営会社が大阪進出を競い合っている。

 だが、横浜が首都圏初の候補地として名乗りをあげると、大阪進出を目指していた米国のカジノ最大手ラスベガス・サンズ社のアデルソン会長は「東京と横浜に焦点をあて、大阪の統合型リゾート入札への参加は見送る」と横浜進出に方針を変えた。アデルソン氏はトランプ大統領の盟友で、日米首脳会談にも同席して安倍首相に日本のカジノ解禁を説いたとされる人物でもある。

 横浜に強い追い風が吹き出した。

※週刊ポスト2019年9月13日号

あわせて読みたい

「横浜市」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    英語試験批判にキーマンが大反論

    NEWSポストセブン

  2. 2

    韓国の元徴用工「差別なかった」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    立民議員「安倍首相は口だけ」

    大串博志

  4. 4

    哲学なき小泉大臣 成果残せるか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    アナ雪2騒動 黙秘の電通に苦言

    やまもといちろう

  6. 6

    米ポルノサイト訪問数 日本は2位

    鎌田 傳

  7. 7

    決断力なき小泉環境相の評価急落

    天木直人

  8. 8

    廃業で行き場失う日本の高級木材

    田中淳夫

  9. 9

    F35の組み立て継続へ 米が希望か

    清谷信一

  10. 10

    安倍・中曽根比較のコラムが秀逸

    海住恒幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。