記事

デーブ・スペクターが明かす世界最大の下着ショー中止の背景

ド派手なショーは風物詩だったが…(写真/AFLO)

最盛期のトップモデルだった女優のミランダ・カー(写真/AFLO)

2016年のショーではレディー・ガガがパフォーマンスを披露した(写真/AFLO)

 1977年に米国で創業され、セクシーなデザインと絢爛豪華なファッションショーで多くの海外セレブや女性に愛されている下着ブランド、ヴィクトリアズ・シークレット(VS)。

【写真】ヴィクトリアズ・シークレットモデル時代のミランダ・カー

 ショーは2001年に初の地上波生放送が始まり、最盛期は米国内で「歴史上最高視聴者数を記録した」とも言われた。しかし今年になって突然ショーの中止が発表され、波紋を呼んでいる。世界一の下着ブランドに何が起きたのか。その舞台裏を、「中止は“ビックリ”トリアズ・シークレットですよね!」と開口一番ダジャレを披露したデーブ・スペクター氏が語る。

「最大の理由は視聴率の低下。2011年の視聴者数は史上最多の1030万人を記録しましたが、一昨年は490万人、昨年は320万人と衰退の一途を辿っています」

 なぜ人気が急落したのか。

「設立当初からのセクシー&ゴージャスという一貫した商品戦略の転換期を見誤ったことです。現代女性の多くはセクシーよりもヘルシー、ゴージャスよりも機能性を重視する。そんな時代にVSは商品の種類の多様化に走った。その分一つ一つの素材の品質が下がり、高価な価格帯が“時代遅れ”になってしまった」

 時代の先駆者だったVSは、再び下着革命を起こせるか──。

※週刊ポスト2019年9月13日号

あわせて読みたい

「下着」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  3. 3

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  6. 6

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  7. 7

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  8. 8

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  9. 9

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    コロナ名目で個人情報集める国家

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。