記事
  • S-MAX

次期スマホは「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」か?ProはApple Pencilに対応など、これまで出ている噂をまとめて紹介




次期iPhoneはどうなる?ペンに対応するなどの噂もあるiPhone 11シリーズの事前情報をまとめ

既報通り、いよいよ現地時間9月10日10時(日本時間9月11日2時)よりAppleの発表会「Apple Events - Keynote September 2019」が開催され、次期スマートフォン(スマホ)「iPhone 11(イレブン)」(仮称)シリーズなどの新製品が発表されると見られています。

これまでにも早い段階から今年の「iPhone」シリーズは昨年の「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」と同様に5.8インチと6.5インチの有機ELモデル、6.1インチの液晶モデルの3製品になると予想されており、現時点においてもこれは変わっていません。

一方で製品名やより詳細な仕様についても新たな噂が出てきており、昨年は液晶を採用するなどしてコストダウンをし、廉価モデルとも言われていた派生モデルのiPhone XRの後継機種となる6.1インチ液晶モデルがベースモデル「iPhone 11」(またはiPhone XI)になるとのこと。

そしてその上位モデルに5.8インチ有機ELモデル「iPhone 11 Pro」(iPhone XI Pro)と6.5インチ有機ELモデル「iPhone 11 Pro Max」(iPhone XI Pro Max)がラインナップされ、これらのProシリーズは「iPad Pro」シリーズと同様にペン入力「Apple Pencil」に対応するというのです。

これらは周辺機器メーカーがペンを収納できるiPhone 11 Pro向けケースを掲載していることなどから予想されているようです。その他、従来から言われているようにリアカメラがiPhone 11はデュアルカメラ、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxはトリプルカメラになり、3製品ともにワイヤレス給電にも対応。




中国のメディア「快科技」が上記のようなスペックを記載した画像を含めてiPhone 11シリーズの仕様についての記事を公開しました。これまで出てきた噂や予想をまとめたものとも取れるため、どこまで信憑性があるのかは不明ですが、噂や予想の総括としてはまとまっているのではないでしょうか。

画面はiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxと同じで、iPhone 11が約6.1インチ828×1792ドット液晶(約326ppi)、iPhone 11 Proが約5.8インチ1125×2436ドット有機EL(約458ppi)、iPhone 11 Pro Maxが約6.5インチ1242×2685ドット有機EL(約458ppi)となっており、各製品ともに感圧機能「3D Touch」が廃止されるとのこと。

顔認証「Face ID」に対応したノッチ(切り欠き)のあるフルスクリーンデザイン、そして恐らくサイズもほぼ同じで、ケースもおおまかには流用できそうです。また3製品ともに背面はガラスパネルですが、Proシリーズの2製品は背面がフロストガラスになり、一方のiPhone 11はグリーンやラベンダーといった新色が用意されるという噂です。

チップセット(SoC)は順当に次世代の「Apple A13 Bionic」となり、内蔵メモリー(RAM)はiPhone 11がiPhone XRの3GBから4GBへ、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro MaxもiPhone XSやiPhone XS Maxの4GBから6GBへ増量されます。さらに新たにIEEE802.11axに準拠した「Wi-Fi 6」をサポート。

フロントカメラは3製品ともに約700万画素イメージセンサーから約1200万画素イメージセンサーに強化されるということで、リアカメラのイメージセンサーは各々ともに約1200万画素に統一されている模様。トリプルカメラはメイン(広角)+望遠+超広角のレンズといった構成でしょうか。電池容量はiPhone 11が3110mAh、iPhone 11 Proが3190mAh以上、iPhone 11 Pro Maxが3500mAh以上。

内蔵ストレージはiPhone 11が64GBおよび256GB、512GB、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxが128GBおよび256GB、512GBで、価格はiPhone 11が749ドル(約79,000円)から、iPhone 11 Proが999ドル(約106,000円)から、iPhone 11 Pro Maxが1099ドル(約116,000円)からとされています。




なお、BloombergではiPhone 11シリーズ以外に「iPad(第6世代)」や「11インチiPad Pro」、「12.9インチiPad Pro(第3世代)」の後継機種、新しいケースによる「Apple Watch Series 4」のマイナーアップデート版、完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」の防水やノイズキャンセリングに対応した高価なモデル、スマートスピーカー「HomePod」、16インチ以上のディスプレイを搭載した「MacBook Pro」などの新製品が登場するとしています。

またiPad(第6世代)の後継機種は10.2インチに大画面化され、iPad Proの新製品はより高速なプロセッサーと強化されたカメラを搭載するとのこと。毎年、Appleの新製品はさまざまな噂や予想が出て大半は当たっていますが、中には外れていることもあるのですべてを信じるというよりはそういうこともあるかもしれないくらいで、最終的には正式発表を楽しみにしたいところです。

記事執筆:memn0ck


あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  4. 4

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  5. 5

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  6. 6

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    なぜリベラリズムは生き残るのか

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。