記事

【読書感想】一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

1/2
一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

Kindle版もあります。

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 (角川書店単行本)一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 (角川書店単行本)

内容紹介
230億円稼いだカリスマ投資家が実践する「勝つ思考」。

13万部突破! いま一番話題のお金の本!
「生き方がめっちゃ面白い!」
「参考になるけど真似できない、すごすぎて」などなど
平成が生んだ最強の相場師のキャラクターに大反響!!
フォロワー31万人超え(2019年3月現在)の伝説的デイトレーダー初の著書。
230億円稼いだ勝負勘の源泉や「ヘッジは無駄」「不動産投資は罰ゲーム」など
独自の投資哲学を開陳。

ロジック重視の仮説思考で「一撃19億」「一撃40億」を実現してきた話、
「2ちゃんねるで結婚相手を募集」「近くにコンビニがほしくてビルを買う」など
スケールが違う話も多々。

投資をやる方はもちろん、ゲームやギャンブルにも通じる勝負論で、
ビジネスパーソンにも多くの学びがある一冊。

 僕は、ずっと資産形成とかに興味がなかった(というか、株とか投資とかは損するばっかりで怖いと思っていた)のですが、この年齢になって、経済というものに興味を持つようになり、少しだけ株とか投資信託を買っています。
 この本の著者であるcisさんが『2ちゃんねる』の株板で活動されていた時期をリアルタイムで知っているわけではないのですが、「230億円稼いだ勝つ思考」という本のオビに心惹かれて読んでみました。

 僕はcis(しす)という名前で個人トレーダーをやってきた。2000年、21歳のときに300万円で本格的に投資を始め、今の資産は230億円ある。個人トレーダーとしてはそれなりに知られているようで、今では無くなってしまったお昼の定番番組「笑っていいとも!」に呼ばれたこともある。ツイッターや、2ちゃんねるの株板、あるい金融関係のまとめサイトである「市況かぶ全力2階建」での「一人のチカラで日経平均を動かせる男」のまとめ記事などで僕のことを知っている人もいるかもしれない。

 投資家というと、株を買うことを通じて企業を支援するような人を思い浮かべるかもしれない。僕はその点では投資家ではなく、その本質はどちらかといえばゲーマーであるギャンブラーだと思う。他のゲームやギャンブルもずいぶんやってきたし、株をはじめとする相場もゲーム(ギャンブル)のひとつとしてやってきた。

 お金を扱う相場が特別なものとは思わない。でも本当に面白いゲームだと思っている。僕の手法は主にデイトレードで、長期投資はほぼしていない。社会的観点からの投資はせず、純粋に勝負としてやってきた。

 cisさんは「相場をゲームとしてやってきた」と仰っているのですが、僕が自分で株取引をしてみた体験からは、「お金がかかっていると思うと、弱気になったり、意地になってしまったりして、期待値にもとづくフラットな判断ができなくなる」のです。

 体育館で平均台を渡るのはそれこそ「目をつぶってもできる」のだけれど、同じ幅の平均台をワールド・トレード・センター(今はもう無いのですが)の2つのビルの間で渡ることは至難の業です。というか、それをやる勇気は出ないですよね、なかなか。
 
 この本、株初心者の僕にとっては、「勝てる人は(というか、cisさんは)こんなふうに考えているのか」と感心せずにはいられないところがたくさんあるのです。

 投資家や投資を始める人に「何かアドバイスください」と言われたとき、僕は「上がり続けるものは上がり、下がり続けるものは下がる」とだけ言うことが多い。

 株価が上昇局面にあるとき、まだ上がり続けると考えてそこに賭けることを「順張り」、下がっているものが反転して上がると考えて賭けることを「逆張り」という。

 どちらもあり得るからこそ用語になり、それぞれの手を打つ者がいるのだけれど、僕は基本は「順張り」だと話している。

 株価が上がるのは買おうとする人や資本が、下がるのは売ろうとする人や資本が多いから。多いのにはなんらかの理由がある。

 そのなんらかの理由について100%これだということはできない。ある人は明確な理由づけで買っているかもしれないし、別の人はそれを見て追随しているだけかもしれない。あとづけではいろいろ推察することもできるけれど、それで説明しつくせるわけでもない。

 けれども今現在買われていることで上がっている、売られていることで下がっているというのは明確な事実としてそこにある。であればマーケットの潮目に沿って行動するのがいちばん勝つ可能性が高い。

 僕はこれまで、どちらかというと、「これだけの実績があって経営状態も悪くない、配当もそれなりにある企業の株が、こんなに値下がりしているのだから『お買い得』だろう」というような買い方をしがちだったのです。

 逆に、どんどん上がっている株は、もう割高になっていて、このあたりが天井なのではないか、と敬遠していました。

 自分が買ったとたんに値下がりしはじめたら、悔しいな、とか思って。

 でも、半年くらい相場をROMっていると、前者の「なぜかこんなに下がっている株」は、(僕の予想では)そろそろ上がるはずなのに、ジリジリと下がり続けることが多いことがわかってきました。

 株価というのは、「人気」みたいなものが大きく影響していて、「値下がりしていること」そのものが、そのブランドへの不安感を煽り、買う人が少なくなりがちなのです。
「どんどん上がっている株」では、その逆のことが起こる。

 もちろん、倒産しないかぎりは、どこかに底値や最高値があるのですが、「こんなに下がったのだから、そろそろ上がってくるだろう」という「バランス感覚」みたいなものは通用しにくい気がします。

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  3. 3

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  4. 4

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  5. 5

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  6. 6

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  7. 7

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  8. 8

    新型iPhone発売も内外から逆風

    ロイター

  9. 9

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  10. 10

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。