記事

香港デモが米中貿易戦争の”最前線”に…台湾独立を後押ししたいトランプ大統領の思惑も?

1/2


 逃亡犯条例改正をめぐるデモや衝突で混乱が続く香港。2014年の香港民主化デモ“雨傘運動”のリーダーとしても知られている黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏と、"民主化運動の女神"とも呼ばれる周庭(アグネス・チョウ)氏が逮捕から一転、即日保釈された。

 2人は記者たちに「私は6月21日の無許可の集会に参加した容疑で逮捕された。はっきりと分かったのは、中国政府および香港政府は恐怖を広めて香港市民に今後、社会運動や民主化運動に参加させないよう脅かしている」「香港民主化のために懸命に戦う香港市民を応援してほしい」(アグネス氏)、「僕とアグネスはそこまで厳しく卑劣な扱いはされておらず、逮捕者の中で幸運だと思う」「緊急措置として軍を派遣しても解決にならない。私たちは逮捕されようとも訴追されようとも、戦い続ける」(ジョシュア氏)とコメントした。



 日本語も堪能で、6月に来日した際には活動への支持を訴えたアグネス氏は、20日に行われたテレビ朝日の取材に「今すごく思っているのは、普通の200万人のデモとか穏健な方法だけではなく、急進的なデモも必要と思う。市民の支持をとれることもすごく重要だと思います。でもデモだけじゃ政府は何もプレッシャーを感じられない」とも語っていた。

 香港の対岸に位置する中国本土の深センに武装警察が集結。暴動鎮圧訓練を行っていることに対しては、怒りや不満に加え、不安さえ抱くようになったという。「私たちのように知名度がある人たちだけでなく、参加者みんなのプレッシャーが半端ない。仲間が自殺したこともあったし、政府側が民意を無視したまま色んな暴力行為をすることも、無力感がすごくありました。100万人が出て行っても、200万人が出て行っても、先週も170万人が出て行っても、政府も全然聞こえないふりする」。



 一方、デモの主催者団体は、31日に予定されていた抗議行動を警察が認めなかったため、中止を発表している。30日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、香港デモと、圧力を強める当局の思惑について専門家に話を聞いた。

■「アグネス氏らが拘束されたとしても、意志を継ぐ人が必ず出てくる」



6月に香港のデモを取材した高千穂大学の五野井郁夫教授(政治学)は香港のデモについて、「目的も統一されていて、ネット上で情報、映像等を共有し、ある種"スイミー"のように、魚の群れがきれいに形を作るように行動している。もちろんジョシュア・ウォン氏やアグネス・チョウ氏のようにスイミーの"目"になるシンボルはいるが、たとえ彼らが拘束されたとしても、その意志を継ぐ人が必ず出てくる。つまり、シンボルはいるがリーダーはいない。むしろ、みんながリーダーだと考えている。2003年には"50万人デモ"があり、やりきった結果、行政長官を更迭に追い込んだ。そういう成功経験もある」と話す。

 「他方、デモは長引けば当然効果が薄れていく。2014年の雨傘運動は長引く中で、さほど成果は出せなかった。それで今回は、もう少し押せば何らかの譲歩が引き出せるのではないかという意図もあると思う。それを狙って短期決戦型でやっているが、長引いてきた。これから会社や学校をボイコット、サボタージュをするということになっていくと考えられる。映像で見る限り、6月に比べて香港政府の武力介入が本格化し、ピリピリしている感じだとは思う。やはり香港政府というか、中国政府はどうにかして市民たちに暴れてほしいと思っているのだろう。デモを行っている人たちの中には過激な人たち、暴力を使っている人もほんのごく一部いるが、政府の手の人だろうと思われる人たちが"白色テロ"という形でけしかけたり、暴徒化したふりをしたり、ということが起きていると考えられる」。



 デモを支援する勢力については「ジョージアやウクライナなど、東欧や中欧のカラー革命の際には、アメリカがグローバルな戦略の中で民主化の名のもとに権益を広げようとしたと中国政府は捉えていた。雨傘運動の時にも、全米民主主義基金(NED)というところがお金を出していたという話があった。今回、どれだけのバックボーンあるかと言われれば、2014年の失敗も踏まえて120~150くらいの団体が共同で回すという形でやっている。学生の団体、学者の団体から、職能団体まで、NGO的なものでやっている。NEDの関与はまだ確認できていない」との見方を示した。

 また、五野井氏は「2014年も、2017年に劉暁波が亡くなった時の追悼デモ、あるいは今回、香港行政長官の林鄭月娥(キャリー・ラム)が表明したときも、"我々は一国二制度をこれからも維持していきたい。そして、香港の自由というものをしっかりと確保していきたい。そのために戦っている"と言っていた。やはり逃亡犯条例のように中国政府が融通無碍に人を引張り、半年、1年と拘束できるというのは許せない。香港の法の支配、それこそイギリスから引き継いでいるコモン・ローの伝統をしっかりと守っていくということで、非常に長期的な戦いになるだろう」と話した。

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMなしスマホが技適通過

    S-MAX

  2. 2

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  3. 3

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  4. 4

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  5. 5

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  6. 6

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  7. 7

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  8. 8

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

  9. 9

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  10. 10

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。