記事

小学生の「置き勉」 ランドセルを軽くするだけでは解決しない

体重の半分の重量があるランドセルを背負っている小学生も

 長い夏休みが終わり、子どもたちは2学期の授業がスタートする。近年、主に小学生の荷物の重さから、教科書を学校に置いていく「置き勉」の是非が論じられ、容認する学校も増えている。だが、果たしてランドセルを軽くするだけで解決する問題なのだろうか。教育評論家の石川幸夫氏が一石を投じる。

 * * *
 最近、SNS等がきっかけで、世論を巻き込んだ論争に発展する事柄が多くなりました。そのひとつが、いわゆる「置き勉」です。

 教科書のページ増による重量増(ある調査では平均7.7kg)で、「登下校の子供たちに身体的負担が大きいのでは?」という意見がSNS上に寄せられたのです。そして、学校に教科書を置いておく置き勉案が論議され始めました。これは、衆議院でも取り上げられ、文科省もSNSに寄せられた意見の多さから、昨年9月に全国の教育委員会などに対し、重量などに配慮するよう求める通知を出しました。

◆本当に教科書の重量は増しているのか?

 教科書のページ数は、いろいろと物議を醸したゆとり教育後、確かに増ページの傾向にあります。5年おきに行われる小学校の教科書改訂で、前回行われた2013年度は、9教科で各社平均7208ページから8027ページと約11.4%増えています。

 その後、英語や道徳という新たな教科も加わり、2020年度に使用する教科書の平均ページ数(小学1年生~6年生)は9680ページにまで増えます。衆議院に提出された「教科書の重量化問題に関する質問主意書」(2018年)で示されたデータには、小学1年生の女児が9.7kgのランドセルを背負っていたとされています。これは、同年齢女児の平均体重である20.8kgに対し、体重の約半分を背負わされていたことになります。

 ランドセルの中身は必ずしも教科書だけではありません。筆箱、ノート、ワークなどの問題集、漢字学習教材、各教科別資料などが加わり、さらに習字道具、絵画用道具、リコーダー、給食袋、体育着なども必要に応じて持参しなければなりません。その重量は子供にとってかなりの身体的負担を与えていることがわかります。

◆ランドセルの軽量化は進んだが…

 1985年から2000年頃のランドセルは、現行より一回り小さいものが主流でした。役所の公文書がB版(B5)だったので、教科書やランドセルもB5サイズに対応し、重さは1.5kgが平均でした。

 その後、ランドセルの軽量化が進み、2000年代は様々なカラーバリエーションが登場しました。また、役所の公文書も次第にA4サイズになり、教科書もA4サイズになっていきます。そして、2010年頃には、A4のクリアファイルが収納できるランドセルが出始め、そのサイズに合わせたものが市場に出回っていきました。軽量化は進んだものの、6年間持たせる耐久性や安全性から、現在では1kgを超える程度の重さになっています。

◆子どもの「健康管理」を第一に考えたメリット

 ここで、教科書の重量化に伴う置き勉の是非について、押さえておかなければならない2つの大切なポイントがあります。子どもたちの「健康管理」と「学習管理」です。置き勉賛成派の声を聞くと、おおよそ次のようなメリットが返ってきます。

・荷物を軽くすることで首、肩、背中、腰など、身体的負担が減る(夏場の体力消耗も軽減できる)
・軽くなる分、登下校時の動きが楽になる(雨の日など傘の使用が楽になる/防犯上のメリットも)
・教科書の忘れ物が減る
・疲労感なく授業に入れる
・持ち物管理が軽減される

 登下校時のランドセルの重さからこの問題が生じているので、子どもたちの負担軽減を第一に考えた意見が目立ちます。

◆置き勉で子どもの学力低下も懸念

 しかし、そもそも置き勉問題は子どもたちの学力向上を目指し、教科書が大幅なページ増になったことが原因です。現場の学校関係者などの意見を聞くと、多くのデメリットや不安の声も挙がりました。

・教科書の管理保管の責任が不透明(学校側の負担とリスクが増す)
・教科書の保管場所が確保できない(教科書を保管する場所がない学校も)
・紛失、盗難やいたずらの対策と対応ができない
・いじめを誘発する(教科書へのいたずら描きや隠すことなど)
・予習復習の家庭学習が定着できないことへの懸念(教科書の軽視につながる)
・結果的に子供の学力低下につながる可能性

 教科書の管理保管による学校側の負担増や、子供の学習姿勢や学力低下などの不安が感じられます。つまり、置き勉のメリットは体力面、デメリットは学習面と2つの側面があり、この問題の難しさを物語っています。保護者に聞いてみても、誰もが置き勉に全面的に賛成しているわけではないようです。

◆教科書自体を軽くする国の対策も急務

 では、体力面と学習面の2つを同時に解決するためには、どのような対策が有効なのでしょうか。子どもたちの健康面を考えれば、ランドセルは軽いほうが身体に余計な負担をかけずに済むのは当然です。

 アメリカのカリフォルニア州では、子供たちのバックパック(日本のランドセルに該当)の重量制限を「子供の体重の10%以内」という法案を可決(2014年)しています。この基準で考えると、前出の事例「20.8kgで9.7kgのランドセル」は基準の5倍近くになってしまいます。まずは、体重の10%以内を目安に持ち物を減らす努力をしてみるのはいいでしょう。

 肝心の減らし方ですが、すべての教科書を学校に置いておけば解決するという単純な問題ではありません。すでに習字や絵の具などの道具類は学校に置いておくよう指導する学校は多くありますが、教科書やノート類についても工夫次第で軽量化できる対策はあります。

・主要な教科書、ノート以外は学校に保管する
(教科書とノート以外を分別し、例えば漢字・ワーク類は家庭、資料類は学校で保管するなど)
・教科書に代わる家庭学習用のプリントを充実させる
(教科書をプリント化して授業毎に配布し、終了したプリントはバインダーで管理するなど)
・学校の時間割を見直し、必須科目(国、数、算、英、理、社)の教科書使用を効率的に振り分ける
・PC、タブレット学習などデジタル教科書の推進

 中には、現行の教科書を前後期の半分、もしくは単元別に“裁断”してクリップで留めるのはどうか──と教科書自体を軽くする大胆なプランまで飛び出していますが、そもそも教科書のページ構成見直しや、紙を軽くて丈夫なものに変えるといった抜本的な対策は、国(文部科学省)が積極的に取り組むべき課題です。

 これまで重いランドセルを背負って登下校する子供の身体的負担まで考えが及ばない教育改革だったことを国は反省すべきでしょう。置き勉について文科省は「学校単位で考えてほしい」との通知を教育委員会に出していますが、教科書のページ数を増やすだけ増やす一方で、置き勉問題は現場に丸投げでは解決は遠のくばかりです。

 教科書のデジタル化については以前から論議されていますが、予算の問題や長時間使用で視力低下(ブルーライトの影響による眼球疲労)を招く恐れもあります。自宅にあるPCやタブレットでの学習を薦めても、そうしたデジタル機器を持っていない家庭もあるため、短期的な対応策にはなりません。

 いずれにせよ、置き勉問題は身体的負担と学習効果という、どちらも子どもの成長発達に影響を及ぼす内容だけに、早急な対応が必要です。賛成か反対かと一方に傾く是非論ではなく、個々の子どもの体力や学習意欲も見極めたうえで、臨機応変に対策を取ることも大切だと思います。

あわせて読みたい

「小学生」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  2. 2

    官邸の思い付きで日本は大混乱に

    篠原孝

  3. 3

    自粛ムダに…百貨店へ並ぶ高齢者

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    岩田医師 東京都は血清検査せよ

    岩田健太郎

  5. 5

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  6. 6

    中国のコロナ感染「第2波」懸念

    ロイター

  7. 7

    布マスク普及呼びかけに医師指摘

    名取宏(なとろむ)

  8. 8

    韓国がコロナ詳報を公開する背景

    WEDGE Infinity

  9. 9

    ロックダウン寸前 法改正が急務

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    ロックダウン=都市封鎖は誤訳?

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。