記事

今日、全国のコンビニからエロ本が消える…撤去される“成人向け雑誌”はこれからどうなる? 『日本エロ本全史』著者・安田理央×93年生まれのエロ本ライター・姫乃たまが緊急対談!

4/4

「エロの人は戦わない」

——ところで姫乃さんは、どういう理由でエロ本ライターをやろうと思ったんですか?

姫「もともと私、地下アイドルをやっていて、ライブにエロ本の取材が来たんですよ。『地下アイドルはヤレるのか?』という企画で」

——ひどすぎる!

姫「そう! あまりにひどい! のですが、当時は地下アイドルがまだ黎明期で、業界全体がマスメディアとの接触がないっていうジレンマを抱えていたので、とんでもない企画だったものの雑誌が来たということで取材を受けたんです。でも当時はまだ16歳だったので、誌面に載せてもらえなくて」

——さすがにそれはエロ本とはいえどね。

姫「いや、エロ本側はOKだったんですけど、ライブのイベンターさんが気を使ってNGにしてくれたんです。だけど私はエロ本に興味があったので、それをきっかけに編集部の人と連絡取り合うようになって、コラムを書かせてもらうようになりました」

——もともとエロ本に興味があったのはなぜですか?

姫「実家が酒屋で、エロ本を販売してたんですよ。近くにコンビニができて潰れたんですけどね。でも私がエロ本の仕事を始めた頃には、すでにかなりの斜陽産業になっていたので、あちこちのエロ本を看取りながら猛スピードで編集部を転々としていました」

安「本当に大末期だよね」

姫「それで『地下アイドルが見たエロ本業界』というブログを書いたら、一気にいろんなエロ本出版社から連絡もらえて連載が増えたんですけど、まあ書いたらなくなる書いたらなくなるで、連載1回で終わるとかゴロゴロあって。タイトル決めをした翌月になくなるとか…」

——姫乃さんは93年生まれのデジタルネイティブ世代だと思うんですけど、そんな世代から見てエロ本のよさとは?

姫「エロいページがあれば、あとは好きにやってよし! みたいな、記事ページにカルチャーもあった頃のエロ本に憧れてるんです。“場”としてのエロ本というか。エロを中心に、いい写真、面白い記事、面白い人が集まってくるのがエロ本のいいところだと思います。あと私は、お便りコーナーを通してすごい人数の読者と文通していたのですが、独特の不器用な交流に心が救われましたし、他には代えがたい魅力がありました」

安「読者からプレゼントもらったりね」

姫「そう、手作りのチーズケーキもらったり! 届いたときには、カビがフワッフワに生えててね(笑)。これからのエロは、インターネットに移行していくと思いますけど、本当は閉じた空間でやりたい気持ちもあります。なんとなく社会では肩身の狭い人たちが、迷惑かけたり怒られたりしない場所で寄り集まれるような、場としてのエロ本に代わる何かがほしいですよね」

安「『エロの人は戦わない』ってよく言うよね

姫「ああ、エロの人は戦わないかもしれないですね」

安「怒られたら、とりあえず『ごめんなさい』って言う」

姫「うん、言えるように心構えしてるつもりです」

安「戦うのは芸術の人とかそういう人であって、エロ本の人は戦ってる暇があったら他のことをやります。抜け道を探すんです

——だからエロは他のジャンルに先駆けて、変化が早いってのもあるかもしれませんね。

安「そうですね。今回のコンビニ撤去を受けて、こうやって取材するメディアは本当は俺に憤ってほしいのかもしれないし、『いや、エロ本まだまだ未来がありますよ』って言ってほしいのかもしれませんけど、『今売ってるエロ本はエロ本なのか?』っていうのが正直あるので、別にいいかなって気がするんです」

——なるほど。

安「だったら“エロ本的なもの”が他のジャンルで、メディアで生き延びてくれるほうがいいかな。エロ本に限らず雑誌っていうのは全部、時代とともに生きてるんですよ」


男なら読め!


安田理央『日本エロ本全史』(太田出版)
安田さんが丹念に収集した、1946〜2018年間でのエロ本創刊号100冊を細かい解説とともにオールカラーで収録! まさに自分の若かりしあの時代が走馬灯のように脳裏をよぎる! 帯を書いたのは、音楽やってなかったらエロ本編集者になりたかったという石野卓球! 3700円+税。


安田理央『日本エロ本全史』

あわせて読みたい

「出版業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  2. 2

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  3. 3

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  4. 4

    日本で感染者爆発は起こるのか

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    藤浪と会食の若手アナが出勤停止

    文春オンライン

  6. 6

    コロナ発症の1~3日前から感染か

    ロイター

  7. 7

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  8. 8

    コロナ疎開 佐久市長の発信支持

    小宮山洋子

  9. 9

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  10. 10

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。