記事

米国より"危険食品"大流入?! ~遺伝子組換えトウモロコシの本当のリスクは?~

1/2

 "リスクの伝道師"SFSSの山崎です。本ブログでは、毎月食の安全・安心に係るリスクコミュニケーション(リスコミ)のあり方を議論しておりますが、今月はいま世間を騒がせている米国産トウモロコシの輸入にまつわる問題について考察したいと思います。まずは、今回の騒ぎの発端となった鳩山由紀夫元首相のツイートをご紹介したい:

 配信元:https://twitter.com/hatoyamayukio/status/1165868426469883904?s=20

 元首相ともあろう方が、遺伝子組換え作物の健康リスクについて、完全にリスク誤認しておられるように見えるところが残念なのだが、それよりもさらに困ったことはこのツイートを1万人以上の方が「いいね」、6千人以上のRTがされ、どんどん拡散されているという事実だ。

 米国からの農産物輸入という政治問題にもかかわっているため、国民の関心が高くなるのは仕方ないとしても、このようなフェイクニュースが瞬く間にネット上に拡散する現実に失望感を覚えるしかない。当方がファクトチェックを早くしなければと焦っているのをあざ笑うかのように、続々と誤報が追い打ちをかけてくる:

・米余剰トウモロコシ輸入決定 日本に"危険食品"大流入危機
  ~日刊ゲンダイ 2019/08/27

  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/260893

 そもそも今回安倍首相がトランプ大統領に約束したとされる米国産トウモロコシの輸入について、記事の本文には「米国で余った飼料用トウモロコシ250万トンの購入まで押し付けられた」と書いてあるようだが、なぜそれが"危険食品"という見出しになるのか? 誤報が誤報をよぶ際の特徴として、拡散される過程でさらなる誇張が加わっていき、市民の不安を煽る度合いが強くなっていくのだろう。

 鳩山元首相のツイートの時点でも、日本への輸入トウモロコシの6割~7割は家畜飼料用であること(財務省貿易統計より)はご存知なのだろうが、それでもコーンスターチや加工油など食品用に輸入される米国産トウモロコシがあるのは事実だし、家畜飼料用としても遺伝子組換えトウモロコシを与えられた家畜の食肉が国民の健康に悪影響を与えるかもしれない・・などと、根拠のない心配をしておられるのではないだろうか?

 われわれNPO(食の安全と安心を科学する会:SFSS)では、信頼できる科学者からのエビデンス情報をもとに、消費者市民が心配する食品中のハザードについてのリスク評価をこれまで綿密に重ねており、その結果を明快かつわかりやすく「食の安全・安心Q&A」にまとめている。遺伝子組換え作物(GM食品)についても以下をご参照いただきたい:

Q(消費者):遺伝子組換え作物(GMOs)が健康によくないという情報は、科学的に正しいのでしょうか?
A(SFSS):現時点で遺伝子組換え作物が非遺伝子組み換え作物と比較して安全性に問題があるという信頼できる科学的証拠はありません。

   http://www.nposfss.com/cat3/faq/q_07.html

「いやいや、フランスの科学者がGM作物の発がんリスクを証明していますよ」と反論される方は、反GM団体のフェイクニュースに踊らされていることを知っていただきたい(本日8月30日に反GM団体の招待でこの博士が日本にきて講演中とか?)。洞察力のある科学者たちは、そのような怪しい論文をまったく相手にしていないのだが、自然食品を信奉する方々が制作したとんでもビデオで遺伝子組換え作物の"危険"をでっちあげる内容に騙されてしまう消費者が多いのは大変残念だ。

 そのようなGM作物の不安を煽る実験データを信じてしまった方々は、唐木英明先生(食の安全・安心財団理事長/東京大学名誉教授)の以下のご講演レジュメを読んで、本当のGM作物のリスクとともに科学的真実は何なのかを見極めていただきたい:

◎食の安全と安心フォーラムⅫ -SFSS創立5周年特別企画- 2016年2月14日(日)
 テーマ:食のリスクの真実を議論する
  ~消費者と専門家のリスク認識のギャップについて~
 遺伝子組み換え作物(唐木 英明/食の安全・安心財団理事長・東京大学名誉教授)

  <講演レジュメ/866KB

 この遺伝子組換え作物の健康リスクについては、現時点で非遺伝子組み換え作物と比較した場合に差がない(天然物がゆえのリスクはどちらも残存している:たとえばアレルゲンや天然の発がん物質など)というのが食品安全の専門家の見解だ。遺伝子組換え作物そのものを食品中のハザードと解釈するなら、その健康リスクは許容範囲、すなわち「安全」と評価すべきであり、遺伝子組換え作物は「食の安全」の問題ではなく、あくまで「食の安心」の問題なのだ。

 なので、最初にご紹介した鳩山元首相の「国民の健康」云々も、ニュースで拡散されている"危険食品"もすべて事実に反することになる。もし情報発信者が、国民の健康に悪影響がないことを知りながら、この誤情報を意図的に発信・拡散したのであれば、これは「フェイクニュース」とわれわれのファクトチェック判定になるところだ。

あわせて読みたい

「鳩山由紀夫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  4. 4

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  5. 5

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  6. 6

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  7. 7

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  8. 8

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  10. 10

    政府の休校要請は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。