記事

霞ヶ関と永田町の、遙か先をゆく消費者たち

2/2

4.買いだめマインドの低下

ふたつの理由で、買いだめマインドが減ってると思います。ひとつは共働きの増加。

以前は専業主婦家庭が多かったので、家計防衛といえば「毎朝チラシを見比べ、一円でも安いスーパーを探してハシゴする」が定番でした。

でもワーキングマザーには、そんな面倒なことしてるヒマはない。それどころか「少々割高でも便利な宅配やネット通販を使う」みたいなトレンドが顕著です。

一円でも安いものを求めてスーパーをハシゴする主婦には、消費税前の買いだめは「当然の行為」=「そうしないなんてバカ」なのかもしれませんが、「必要な時に必要なものをネットで注文」する人にとって、買いだめは「自然な行為」ではありません。むしろ違和感のある行為です。

もうひとつは、毎日、お酒と煙草をたしなむ人の減少です。

消費税ではなく酒税、たばこ税という個別の税金がかせられていますが、このふたつは「買いだめ商品の代表」で、どちらも増税前には大きな買いだめが起こります。

ところが、煙草はもちろんビールに関しても「毎日かかさず晩酌する」みたいな(昔はどこの家にもいた)お父さんが減ってるんじゃないかと思います。

つまり今や、人生において「買いだめ」なんてしたことのない人が多いんじゃないかと。

そんなことをする習慣自体が昭和の異物になってると思われます。

5.安く買う方法の多様化

消費税が2%上がるから買いだめして安く買う、以外の「安く買う」方法が今はたくさんあります。

ネット上には価格を比較するサイトが溢れており、底値で買うのと、調べもせず買うのでは、価格に2%以上の差がつくなんて日常茶飯事です。

さらにネットで価格の推移が一目瞭然となったことで

「家電メーカーは2年ごとに全くスペックの変わらない製品を出して新商品だと主張して値上げする。だからこのタイミングで型落ち商品を買うのが最安値だ」

なんてことが、素人にまでわかるようになってしまいました。

だから、たかだか2%のために買い急ぐより、じっくり比較したり、型落ちタイミングを待ったほうが安く買える。そういう時代です。

このように、消費者が買いだめ以上に容易く、かつインパクトの大きな「少しでも安く買う」「底値で買う」技術とインフラを手に入れたこと。

これも以前との大きな違いだと思います。

6.格差の拡大

経済的な格差がますます大きくなってることも、駆け込みや買いだめが起こりにくい理由でしょう。

お金に余裕のある人は「たかだか 2%上がるくらいで、慌てて買う必要はない」し、経済的な余裕のない人は「そもそも買いだめする余裕もない」でしょう。

★★★

以上!

この6個が、私が考えた「今回の消費税増税で、駆け込みや買いだめが以前ほど盛り上がらない理由」です。

もちろん9月末になれば、「もうすぐ無くなるシャンプーを早めに買っておこう」みたいな小規模な駆け込みは発生すると思います。

でも、その規模は今までとは比べものにならないくらい小さいんじゃないかと。

これを、政治家や官僚は「消費税対策が成功したぜ!」と思うのかも知れません。でも、ほんとにそうでしょうか?

何年も前から頭が止まってしまい、「以前起こった買いだめや駆け込みが今回も起こるはず」と信じて、あらゆるバラマキ策を(万全に!)用意してる人達を横目に消費者はどんどん先に進んでしまってる。

そんな気がする今日この頃。

f:id:Chikirin:20150810175729j:image:medium
そんじゃーね!

※今日は「駆け込み・買いだめが起こらない理由」を書きましたが、増税後の買い控えは(分野局所的にかなり)起こるはず。そちらについてはまた後日。

あわせて読みたい

「消費増税」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    共産党が即位の礼に反対する理由

    畠山和也

  3. 3

    文氏が天皇陛下宛の親書を送達か

    天木直人

  4. 4

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  5. 5

    竹中氏「日本人は童貞そっくり」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  7. 7

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  8. 8

    雅子さまの「祝宴ドレス」に注目

    文春オンライン

  9. 9

    患者の希望つけこむトンデモ医療

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。