記事

「表現の不自由展・その後」出展作家が語る表現の自由の矛盾

展示中止の波紋が広がっている(時事通信フォト)

インタビューに応える映像作家の小泉明郎氏(撮影:横田徹)

「表現の不自由展・その後」をめぐる騒動が勃発して1か月たつが、政治家をはじめとする“外野”の声が喧しい一方、同展に作品を出したアーティスト自身の声を聞く機会は少ない。報道カメラマンの横田徹氏が、渦中にある出展作家の一人・小泉明郎氏に迫った。

【写真】出展作家の1人・小泉明朗氏が語る

 * * *

「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の中止騒動は、今もなお収まっていない。

 報道カメラマンである私自身、2016年に東京都現代美術館が開催したグループ展「キセイノセイキ」に、アフガニスタンやイラクで撮影した戦場の最前線の映像をまとめた作品「WAR不完全版」を出展した際、規制という壁にぶち当たった過去がある。

 これまで私は戦場取材の映像をテレビ等で発表してきたが、残酷な暴力シーンや遺体などの放送には、当然、制約が伴っていた。「キセイノセイキ」は私にとって初めての公立美術館での作品展示ということで、普段は発表できない映像素材を使い自由に表現できるものと思っていた。

 ところが、開催前にキュレーター側から「観覧する児童生徒への配慮」などを理由に作品の展示空間を年齢で区分するよう求められ、作品内容も変更せざるを得なくなった。その経験から、公の場で表現することの難しさや限界を実感している。

 映像作家の小泉明郎氏は、中止された「表現の不自由展・その後」の出展作家の一人だ。同展には、前述の「キセイノセイキ」で展示が不可だった皇室の写真をベースにしたコンセプチュアルな絵画作品「空気」を出品。タブーとされる“天皇”をテーマに作品を制作する小泉氏に話を聞いた。

「アートを作る時は、作品がどうすればより洗練された素晴らしいものになるかを考えます。その判断基準と、『社会の倫理』や『社会にとっての善』の判断基準は別のシステムです。

 さらにアートの役割には、社会で道徳的に良いとされているものを敢えて崩す、タブーに挑戦する、疑問を呈する、といった側面が含まれます。不道徳であることによって作品の強度が上がったり、一般的な常識を壊すことによって『人間の個』や『人間の多様性』がより際立ったり、ということがあり得るのです」(小泉氏)

 一方で、アートだから何でも許されるわけではない、とも小泉氏はいう。

「そこは常に摩擦が繰り返される部分で、表現者がやること全てが受け入れられるという社会は無い。好きなように全部やってしまったら社会は崩壊してしまうからです。社会を崩壊させないために法律が必要ですが、前述したように法律を作るロジックはアートを作るロジックとは重なりません。

 そのため、『表現の自由』は必ず矛盾を孕んでいます。表現の自由がなければ民主主義は成り立たない。でも、民主主義を成り立たせている法律では表現の自由の制限が必要になる、という矛盾です。

 しかも、矛盾があるからといって我々に課せられた『表現の自由』に対する責任が消えるわけではない。アーティストは表現の自由が不可能であることを知っていながら、表現の自由を体現する責任を負っています。だから我々アーティストはすごく分裂した立場にあります。それが我々の存在です」(小泉氏)

 あいちトリエンナーレでは「表現の不自由展・その後」の中止後、「検閲だ」との声が挙がり、海外作家らが抗議のため作品を引き上げるなど、波紋が広がっている。連日のようにテレビや新聞でその動向が報じられ、「中止」決定の賛否についても大きく意見が分かれている。出展作家として、小泉氏は一連の騒動をどう受け止めているのか。

「企画の中止に関し、新聞の一面や社会面、テレビのワイドショーでも大きく取り上げられました。こんな事は私が今までアーティストとして活動してきて初めてのことです。ようやく日本全体がアートに目を向けてくれたような、そんな瞬間でもある。このことは決してマイナスではない。海外ではアートと社会、アートと政治がすごく近い関係にある国もあります。日本でも、今回のことで両者がちょっと近づいたのではないかと思います」(小泉氏)

 今後は、アーティストがまとまって知恵を絞り、展覧会の再開を模索したいと小泉氏はいう。あいちトリエンナーレは10月半ばまで開催される。同展をめぐっては、まだ一波乱が起こりそうな気配だ。

【プロフィール】よこた・とおる/1971年茨城県生まれ。1997年のカンボジア内戦からカメラマンとして活動開始。アフガニスタン、イラク、シリアなど世界の紛争地を取材。著書に『戦場中毒』(文藝春秋刊)がある。

あわせて読みたい

「あいちトリエンナーレ2019」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  3. 3

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  4. 4

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  5. 5

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  6. 6

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  7. 7

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  8. 8

    新型iPhone発売も内外から逆風

    ロイター

  9. 9

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  10. 10

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。