記事

米、予定通り9月1日に対中関税発動 猶予期間なく輸送中製品も対象


[ワシントン 30日 ロイター] - 米税関国境警備局(CBP)は30日、週明け9月1日に発動される対中制裁関税について、猶予期間は設けられず、現在輸送中の製品も対象になると官報で明らかにした。

CBPは、対中制裁関税第4弾の一部が予定通り米東部時間9月1日午前0時01分(日本時間午前9時01分)に発動されるとした。

関税の発動は2段階で行われ、今回対象となるのはスマートウオッチや薄型テレビ、靴など。残りは12月に発動し、携帯電話、ノート型パソコン、おもちゃ、衣類などが対象となる。

あわせて読みたい

「米中関係」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    武漢閉鎖 中国の感染対策に懸念

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    減るべくして減った日本人の賃金

    城繁幸

  3. 3

    東大卒は経済的勝者になれない?

    内藤忍

  4. 4

    ブレグジットで英BBCが危機状態

    小林恭子

  5. 5

    1億5000万円の衝撃 河井議員疑惑

    大串博志

  6. 6

    e-Taxの確定申告 認証設計に不安

    tokyo editor

  7. 7

    武漢から帰国の日本人が語る変化

    AbemaTIMES

  8. 8

    進次郎氏育休に純一郎氏が激怒か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    眞子さまが詠んだ小室氏への思い

    NEWSポストセブン

  10. 10

    米作家 人口減少は日本に利ある

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。