記事

ユーロ1.10ドル割れ、2年ぶり安値 月末要因影響か=NY市場

[ニューヨーク 30日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで下落し1.10ドルを割り込み、2017年5月以来の安値を付けた。月末を迎えたことなどが売り要因になったとみられる。

スコシア・キャピタルの主任外為ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「月末に絡むとみられる売りが出て、ユーロは50ポイント強値下がりした。ユーロはこのところ軟調地合いが続いており、月初以降これまでにも1.10ドルを割り込んでいる」と語った。

こうした中、トランプ米大統領は、ユーロが対ドルで下落しているにもかかわらず、連邦準備理事会(FRB)は対応していないと批判。この発言直後にユーロ売りが始まったという。

ユーロ/ドル<EUR=>は0.7%安の1.0976ドル。

ユーロ圏のさえない指標を受け、欧州中央銀行(ECB)は9月の理事会で利下げを行い、同時に新たな量的緩和(QE)策を打ち出すという期待が高まっている。ECBの次期総裁に指名されたクリスティーヌ・ラガルド氏は、金融安定リスクが伴うものの、必要であればECBには利下げする余地があるという認識を示した。

前出のオズボーン氏は9月の理事会の見通しについて「少なくとも利下げはあると思うが、新たなQEは時期尚早かもしれない」とした。

オフショア人民元<CNH=> <CNH=D3>は0.28%安の7.163元。月間では3.69%安と、1994年以来25年ぶりの大幅な値下がりとなる勢い。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>はこの日0.38%高の98.884。

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。