記事

消費者を罠にかけるがごとき料金体系はもうやめて

客をダマして、ひっかけて、錯誤させ混乱させて金を使わせるやり方。もういいかげんにしてほしい。

直近の話題だとこれ↓駅のドリンク自販機が“サブスク”になったという話題。

JR東の「駅の自販機」がサブスク対応へ スマホかざすと1日1本ドリンク提供 月額980円から - ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/29/news116.html

利用者がJR駅構内の自販機に専用のスマートフォンアプリ「acure pass」をかざすと、1日1本のドリンクを受け取れる仕組み。

料金プランは、同社のブランド「アキュアメイド」商品のみ選べる「アキュアメイドプラン」(月額980円)と、全商品を選べる「プレミアムプラン」(月額2480円)――の2種類。アキュアメイドプランは1カ月のみ利用可能で、その後はプレミアムプランに自動で切り替わる。

 月額980円のプランを選択しても、翌月には月額2,480円のプランに強制移行させられる。これを“月額980円のサブスク自販機”と謳う。ひっかけじゃねえか。騙し討ちじゃねえか。

 メディアが勝手にサブスクサブスクって騒いでるのかと思いきや、そもそもプレスリリース自体が騙す気マンマンだった。

日本初!“サブスク戦国時代”に新規参入!自販機サブスクリプション「every pass」|株式会社JR東日本ウォータービジネスのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000048344.html
↑なんと本文に強制移行の件が書かれてない(画像に小さく書かれてる)!これはひどい。ケータイ会社の※並にひどい。

 こういう事業を何の疑問もなくプレスリリースの言う通り記事にするメディアもどうかと思う(ITmediaのリンクを貼ったが他のニュースサイトも内容はほぼ同じ)。「1ヶ月で高い方のプランに強制移行されるので利用には注意が必要だ」くらい書けんのか。そもそも見出しがおかしい。書くならせめて「駅の自販機がサブスクに 月額2480円(初月980円)」あたりにすべきだ。

 本件に限らず、客を騙しひっかけ混乱させ金搾り取ろうって売り方は世にあふれている。ケータイ会社はしばしば話題になるが(auデータMAXプランとかひでえよな)、私自身そういう仕事に携わったことがある。

 ある大手通信会社のVODサービスで“お客様サポート”の仕事をしたことがある。お客様が快適にVODサービスを利用できるよう案内する仕事、という募集だった。だがその内容は、光回線を敷いてる家庭に(なぜか住所と電話番号のリストがある)勝手に専用STBを送りつけて「1ヶ月無料でお試しできますよ」と優しく電話をし利用を促すことだ。ところがお試し期間が終わる1ヶ月後には通常料金のプランに“強制移行”させられる。お試し期間終了のお知らせは電話でもハガキでも一切行わない。当然1ヶ月後からは客から苦情の電話がガンガン来る。これは代理店とかが数字欲しさに勝手にやった仕事ではなく大手通信会社(の子会社)が直営でやってた仕事だ。全くお客様に落ち度のない苦情の怒号と人の心を踏みにじる仕事のやり方に耐えきれず私は数ヶ月で辞めてしまった。

 かつて“悪徳商法”と呼ばれたようなやり方を、今は誰もが知ってる有名企業により盛大に行われている。商売をするなら、金がほしいなら、より魅力的な製品やサービスを提供し、消費者が喜んで適価を払うような売り方をすべきだ。

 騙して売るのは「詐欺」である。

あわせて読みたい

「悪徳商法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    SNSでコロナ避難 危機感募る沖縄

    小林ゆうこ

  3. 3

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  6. 6

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  7. 7

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。