記事

【読書感想】渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

2/2
 その一方で、作品が生まれる場面については、言葉に言葉を重ねていて、読んでいる僕も物語の渦の中に巻き込まれていくような印象を受けました。

 これはたぶん、「物語に奉仕することに無上の喜びを抱く人間たちの物語」なんですよね。
 そういう意味では、この作品が直木賞を受賞したのは、「映画界をネタにした映画がアカデミー作品賞を獲りやすい」みたいな面もあるのではないかと。

 伝統芸能とか小説とか研究とか、「長年にわたって多くの人がその流れをつくりあげてきた世界に少しでも関わり、自分も何かを生み出そうと苦しんだことがある人」にとっては、一緒に渦に巻き込まれていくこと間違いなし、です。
 
 近松半二という人が活躍していたのが、近松門左衛門という天才によって頂点を極めたあと、人間が演じる歌舞伎に押され、道頓堀での肩身が狭くなってくる人形浄瑠璃というのは、なんだかとてもせつないのです。

 どんなに才能があっても、努力をしても、「場と機会」に恵まれないと、なかなかうまくいかない。

 それでも、近松半二は「人形浄瑠璃」に支えられ、のちには、人形浄瑠璃を支える存在として生きたのです。

 判官贔屓、なのだろうけど、「滅びゆくものや斜陽になっているものに殉じる人間」に、僕は惹かれます。

 僕はこの小説を読みながら、けっこう前に読んだ小説家・恩田陸さんの言葉を思い出しました。

(「ダ・ヴィンチ」(メディアファクトリー)2005年10月号の恩田陸さんと鴻上尚史さんの対談記事より)

鴻上:たぶん、チェーホフは役者も選ぶんだよね。小津さんの映画と同じで。シェイクスピアは少々下手な役者がやってもそこそこ観られるものになるんだけど、小津作品もチェーホフも、名優たちがやんないと目も当てられないから(笑)。あ、今その話をしながら、今回ぜひ聞きたかったことを思い出したんだけど、恩田さんって、物語ることが好きなの?

恩田:好きというか、ストーリーというものに興味があるというか……。私には、ストーリーにオリジナルなんかないという持説があって。つまり、人間が聞いて気持ちいいストーリーというのは、ずっと昔からいくつかパターンが決まってて、それを演出を変えてやってるだけだと。でも、昔聞いて面白いと思ったストーリーは今でもやっぱり面白い。それが不思議で面白いから小説を書き続けている、という感じなんですよね。

鴻上:つまり、同じパターンなんだけど演出を変えるというところに今の作家の使命があると?

恩田:そうですね。だから、私は新しいことやってますという人は嫌いなんです。それはあなたが知らないだけで、絶対誰かが過去にやってるんだからと。以前、美内すずえさんのインタビューをTVで見ていたら、『ガラスの仮面』は映画の『王将』が下敷きになっていると。で、今なぜ自分は漫画を描いているかというと、小さい頃、一生懸命夢中になって観たり読んだりしたストーリーを追体験したいからだと。それは、すごく共感したんですよね。

 15年前くらいの対談なので、いまも恩田さんが同じ考えかどうかはわからないのですが、新しい物語を創ろうとすればするほど、「絶対誰かが過去にやっている」という壁にぶつかるはずです。

 そんな中で、「先人が遺してくれたものを踏まえて、より良い、面白いものにしていく」「あるジャンル全体を少しずつ進化させていく」というのが「その時代の創作者の使命」なのかもしれません。

 その大きな「渦」に巻き込まれて、渦の一部になるというのは、きっと、幸福でもあり、人ひとりの力の限界を感じるところでもあるのでしょう。

 この小説が好きだという人とは、気が合いそうだな、と思うくらい、僕はハマってしまいました。

 近松半二の作品も、なんらかの形で観てみます。

人形浄瑠璃文楽名演集 通し狂言 妹背山婦女庭訓 DVD BOX [DVD]
出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
発売日: 2011/12/22
メディア: DVD
購入: 1人 クリック: 5回
この商品を含むブログ (6件) を見る

近松半二の死
作者: 岡本綺堂
発売日: 2012/10/04
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る



戦友の恋 (角川文庫)
作者: 大島真寿美
出版社/メーカー: KADOKAWA
発売日: 2012/10/01
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

ピエタ
作者: 大島真寿美
出版社/メーカー: ポプラ社
発売日: 2011/02/08
メディア: 単行本
購入: 2人 クリック: 26回
この商品を含むブログ (31件) を見る

あわせて読みたい

「直木賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

  10. 10

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。