記事

【読書感想】渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

1/2

【第161回 直木賞受賞作】 渦 妹背山婦女庭訓 魂結び
作者: 大島真寿美
出版社/メーカー: 文藝春秋
発売日: 2019/03/11
メディア: 単行本
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-book)
作者: 大島真寿美
出版社/メーカー: 文藝春秋
発売日: 2019/03/11
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容紹介
第161回直木賞受賞作。

選考委員激賞!

虚構と現実が反転する恐ろしさまで描き切った傑作! ──桐野夏生氏

いくつもの人生が渦を巻き、響き合って、小説宇宙を作り上げている。──髙村薫氏

虚実の渦を作り出した、もう一人の近松がいた──

「妹背山婦女庭訓」や「本朝廿四孝」などを生んだ

人形浄瑠璃作者、近松半二の生涯を描いた比類なき名作!

江戸時代、芝居小屋が立ち並ぶ大坂・道頓堀。

大阪の儒学者・穂積以貫の次男として生まれた成章(のちの半二)。

末楽しみな賢い子供だったが、浄瑠璃好きの父に手をひかれて、竹本座に通い出してから、浄瑠璃の魅力に取り付かれる。

父からもらった近松門左衛門の硯に導かれるように物書きの世界に入ったが、

弟弟子に先を越され、人形遣いからは何度も書き直しをさせられ、それでも書かずにはおられなかった……。

著者の長年のテーマ「物語はどこから生まれてくるのか」が、義太夫の如き「語り」にのって、見事に結晶した奇蹟の芸術小説。

筆の先から墨がしたたる。
やがて、わしが文字になって溶けていく──

 第161回直木賞受賞作。

 購入してからしばらく、僕はこの小説を「積んで」いたのです。

 直木賞を獲ったから読んでみようとは思ったものの、題材である人形浄瑠璃にそんなに興味があるわけでもないし、なんだか敷居が高そうだよな……って。

 手元に読みたい本がなくなって、渋々、という感じでページをめくりはじめてみたのです。

 近松半二……門左衛門なら知っているけど、よく知らない人だし、こういう歴史上の人物を描いた作品、とくに昔の人を題材にしたものは、読んでいて「この人物の言葉や行動って、どこまで本当で、どこからが作者の創作なんだろう、たぶん、ほとんど創作だろうな」という気分になってくるのです。

 架空の人物であれば、そういうことを考えずに済むのだけれども。

 学者の家に生まれ、ひと通りの学問を身につけたにもかかわらず、父親の浄瑠璃好きの影響をもろに受けてしまい、浄瑠璃の、芝居の世界でしか生きられなくなってしまった半二は、同じような境遇で芝居にとりつかれてしまった正三とお互いに切磋琢磨しながら、人形浄瑠璃と歌舞伎の世界でたくさんの脚本を書き、新しい仕掛けを生み出していきます。
 
 この小説を読んでいると、近松半二の人生や彼と深く関わってきた人たちの人生が、歴史年表でも眺めるかのように、さらりと書かれていることに、慣れるまでけっこう違和感があったのです。

 Amazonで読んだ「感想」のなかに「ここまで浄瑠璃にとりつかれた男の話のわりには、何が浄瑠璃の魅力なのか、読んでいてもあまり伝わってこない」というのがありました。

 言われてみれば、そうだよなあ。

 でも、自分自身のこれまでの体験と照らし合わせてみると、人というのは、自分の人生を変えてしまうくらい好きになるものに関しては、その理由を言葉にするのはかえって難しいというか、「好きなものは好き、としか言いようがない」のではないか。と思うんですよ。

 だから、この物語が「そうなるのが必然であるかのように」淡々と書かれていて、無理矢理感動的なシーンを入れようとしないのは、すごく誠実に感じます。

 本当に、いろんな人が、淡々と生きて、死んでいく。

あわせて読みたい

「直木賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  3. 3

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  4. 4

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  5. 5

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  6. 6

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  9. 9

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  10. 10

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。