記事

香港当局、「雨傘運動」の指導者を逮捕 今週末のデモを前に


[香港 30日 ロイター] - 香港の民主派による2014年の大規模デモ「雨傘運動」の学生リーダーだった黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏(22)が30日、違法な抗議集会を計画した疑いで逮捕された。香港では「逃亡犯条例」改正案を巡る抗議活動が続く中、当局は取り締まりを行っている。

他の著名な活動家、周庭(アグネス・チョウ)氏(22)と陳浩天(アンディ・チャン)氏も逮捕された。

黄氏は6月に法廷侮辱罪の5週間の刑期を終えて出所していた。現在続いている抗議デモでは目立った指導者はおらず、黄氏も中心的な人物ではない。

同氏が所属する政党「香港衆志(デモシスト)」はツイッター上で「同氏は突然、路上で民間の自動車の中に押し込まれた」と投稿。湾仔(ワンチャイ)地区の警察本部に連行されたとしている。

警察は、黄氏と周氏が「組織化されていない集会を計画」し、「無許可と認識しつつ集会に参加」した容疑で、30日に逮捕されたと明らかにした。

また警察は、昨年9月に活動禁止となった、香港独立を主張する政党「香港民族党」の創設者である陳氏について、29日に香港の国際空港で逮捕されたと発表。7月13日のデモで「暴動に参加」し「警察を攻撃」した疑いがあるという。

警察は、31日に計画されていた民主派によるデモ行進の許可を拒否しており、許可を求める主催者側の異議申し立ては30日に却下された。

過去の大規模デモを組織した「民間人権陣線」は、命令に従い、香港の中心商業地区から中国政府の出先機関までのデモ行進を中止すると発表した。

中国本土への犯罪容疑者の引き渡しを可能にする逃亡犯条例改正案に抗議するデモは6月半ばに激化。独立した司法制度など高度な自治を保障する「1国2制度」の下でより根本的な民主化を求める運動へと変貌してきた。

中国系の香港紙は今月、黄氏が香港の米総領事館員と接触する様子を撮った写真を報じており、これを受けて米中間で非難の応酬があった。米国務省のオルタガス報道官は総領事館員の写真や個人情報を流出させたとして中国政府を「暴力的な政権」と呼んで批判した。

デモが過激化した6月半ば以降、香港では900人近くが逮捕されている。

中国は29日、人民解放軍の香港駐留部隊の交代を行った。中国国営メディアは定期的な入れ替えと伝えており、香港に駐在するアジアや欧米諸国の外交官らも部隊交代を予想していた。

※内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。