記事

韓国最高裁、サムスントップの執行猶予付き判決を破棄 差し戻し


[ソウル 29日 ロイター] - 韓国最高裁は29日、韓国の前大統領、朴槿恵被告への贈賄罪などに問われたサムスン・グループ経営トップのサムスン電子<005930.KS>副会長、李在鎔被告に対する執行猶予付きの二審判決の一部を破棄し、ソウル高等裁判所に差し戻した。

最高裁は、高裁の賄賂の定義が狭すぎたと判断。サムスン・グループが朴被告の友人の娘の乗馬訓練のために寄贈した馬3頭を賄賂と認定すべきだと主張した。

今回の判決を受け、市場では李被告がサムスン電子の経営に専念できなくなるとの見方が浮上。サムスン電子株は一時2%値下がりした。

今回の判決で李被告が実刑判決を受ける可能性も出てきた。

同被告は二審で懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決が言い渡され、釈放された。被告は不正行為を否定、被告と検察の双方が最高裁に上告していた。

韓国では執行猶予は懲役3年以下の場合にのみ認められるため、差し戻し審で量刑が重くなり、懲役3年を超える判決が出た場合、被告は直ちに収監されることになる。

同被告の弁護士は記者団に「大統領の要請を受けて行った財政支援が賄賂に当たると判断した最高裁の判決は遺憾だ」と述べた。

複数のアナリストは、李被告が収監されても、サムスン電子の経営に大きな影響はないと指摘。同社には、部品、携帯端末、家電の各部門に専任の最高経営責任者(CEO)がいる。

サムスン電子株を保有するHDCアセット・マネジメントのファンドマネジャー、Park Jung-hoon氏は、李被告が収監されても経営や業績への影響は少ないと指摘。サムスンや韓国が直面する厳しい現実を踏まえると、近く大統領恩赦の対象となる可能性があるとの見方も示した。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「朴槿恵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMなしスマホが技適通過

    S-MAX

  2. 2

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  3. 3

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  4. 4

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  5. 5

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  6. 6

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  7. 7

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  8. 8

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  9. 9

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  10. 10

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。