記事

米国が協議を望むなら、核合意順守する必要=イラン外相


[クアラルンプール 29日 ロイター] - イランのザリフ外相は29日、米国が協議を望むなら、2015年の核合意を順守しなければならないとの考えを示した。

ザリフ氏は記者団に「米国はイラン国民を相手に経済戦争をしており、米国が戦争や経済テロを止めない限り、米国と関わることはできない」と主張。米国が対話の場に戻ることを望むのであれば、条件があり、それは核合意を順守することだと強調した。

米国は昨年、イラン核合意を離脱し、イランに対する制裁を強化した。イランは報復措置として、段階的に核合意への違反を続けており、制裁が緩和されなければ、さらなる違反を行うとしている。

ザリフ氏は、協議のための協議は行わないと発言。「結果が出るなら会う必要がある」と述べた。

トランプ米大統領は今週、条件が整えばイランのロウハニ大統領と会談すると表明したが、ロウハニ大統領は、すべての制裁が解除されない限り、米国と協議するつもりはないと述べている。

ザリフ氏は29日、マレーシアのマハティール首相と会談する予定。

*内容を追加しましました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。