記事

ファーウェイ、南米とアジアつなぐ初の海底ケーブルの受注に関心


[サンティアゴ 28日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部は28日、南米とアジアをつなぐ初の海底光ファイバーケーブルの敷設に「非常に積極的に」関心を持っていると表明した。

同社のチリ事業のデイビッド・ドウ・ヨン最高経営責任者(CEO)はロイターとのインタビューで、チリ政府が7月に開始した太平洋横断海底ケーブルの公開入札手続きを注意深く見守っており、入札受け付けが開始されれば参加すると語った。「ファーウェイは非常に積極的にこの事業機会に参加するつもりだ」と強調した。

ただ、2カ月前には、中国の光通信機器メーカー、亨通光電が上海取引所に提出した文書で、ファーウェイの海底ケーブル部門、華為海洋網路(ファーウェイ・マリン)の51%株式の取得に向けファーウェイと趣意書を交わしたと明らかにしている。

これが実現すれば、米政府がファーウェイ排除を訴えるようになって以降で初めての大規模な資産売却となる。米政府はファーウェイ製の機器が情報収集活動に使われていると主張している。

ファーウェイの広報担当責任者は海底ケーブル部門売却の報道に関する問い合わせに対し、売却は確定していないと回答した。

あわせて読みたい

「HUAWEI(ファーウェイ)」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  7. 7

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  8. 8

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。