記事

NYの若者「肉の代わりに大豆」という意識の高さ

1/2
肉を食べないヴィーガンやベジタリアンの食生活がアメリカで広がっている。ニューヨーク市では、週に一度は肉を使わない給食が9月から始まる。そこまで徹底する理由はなにか。NY在住ジャーナリストのシェリーめぐみ氏がヴィーガン生活の実体験を聞いた——。(第3回、全4回)



※写真はイメージです - 写真=iStock.com/YelenaYemchuk

■肉や卵を食べないと栄養が偏ってしまうのでは

動物性プロテインを一切とらないヴィーガンは不健康なのではないか? という疑問は、ヴィーガンになりたい人もそうでない人も含め、おそらく多くの人が感じていることだろう。

しかし近年の研究で、その懸念は少しずつ晴れてきているようだ。アメリカで最も長い歴史と権威を持つ米国栄養学会では、ベジタリアンやヴィーガンを含むプラント・ベースト・フード(植物性食品)による食生活は健康かつ栄養面でも十分であり、場合によっては病気の予防や治癒する効果もあるとしている。

では、実際のところヴィーガンの人はどう考えているのだろうか。筆者が取材したNYベジタリアン・フェスティバルのオーガナイザー、サラ・フィオリさん(ヴィーガン歴20年)はこう答えた。

「いくらヴィーガンだからといって、植物性由来のピザやアイスクリームばかり食べていたら太ってしまうでしょうし、健康とは言えません」。実際そういうヴィーガンもたくさんいるという。

「どんな食べ物を食べればいいのか、しっかりとリサーチして栄養バランスのいい食事をすることが必要です。私も始めたばかりの頃は、さまざまな本を読んで栄養について知り、母もずいぶん助けてくれました。特にヴィーガンの食生活に不足しがちなビタミンB12は、私はサプリメントでとっています。また、出産したばかりで授乳もしていますから、魚に含まれるEPA(オメガ3脂肪酸)のサプリも」

このほかにもカルシウム、ビタミンDなどのサプリを併用する人も多いようだ。

■口にする物の栄養素は逐一調べる

ヴィーガンになって7年になる24歳の女性にも同じ質問をしてみた。

「ヴィーガンでタンパク質が不足すると考える人は多いですが、そもそもアメリカ人はタンパク質を必要以上にとろうとするあまり、お肉や余分な糖類をとり過ぎて太ってしまうんです。もちろん生きていくためには必要ですが、実はタンパク質は肉や魚以外の野菜や豆、雑穀類にも豊富に含まれています。そういうものをしっかり食べていれば、お肉よりずっと安上がりで栄養もきちんととれます。サプリは特に必要とは思いません」

ヴィーガンもやり方次第では不健康になってしまう。それぞれの食べ物に含まれる栄養を調べ、必要な食べ物と場合によってはサプリで補う。ヴィーガンで健康と感じている彼らと話して感じたのは、非常に意識が高く、よく勉強しているということだ。

「私たちミレニアル世代にとって、その気になれば情報を集めるのはとても簡単なことですから。これは過去にはあり得なかったことだと思います」

ところでここまで読んだ人は、肉をやめるだけならベジタリアンでいいじゃないか、何もヴィーガンになって卵や乳製品までやめる必要があるの? と疑問に思ったかもしれない。

実はヴィーガンの人には、まずベジタリアンになり、数年たってからヴィーガンになったという人がとても多いのだ。

■なぜ、ベジタリアンではだめなのか

ベジタリアン・フードフェスティバルのサラさんは「私はまず、11歳でベジタリアンになりました。最初から卵も乳製品も全てやめるのは難しかったからです」と明かす。

レストラン「シーズンド・ヴィーガン」で出会った女性も、数年のベジタリアン生活を経てつい最近ヴィーガンになったという。女性は「自分の体がどんなふうに反応するのか分からなかったから」と理由を語ってくれた。

ではなぜベジタリアンでは不十分なのか? 「アメリカの若者が「肉食」を嫌がる切実な言い分」(8月13日)でも紹介したように、彼らがヴィーガンを選択するのは病気予防や「生き物を殺したくない」という思いが念頭にある。ヴィーガン料理のレストラン「シーズンド・ヴィーガン」のシェフは「卵もミルクも、動物から生み出されたものです。私も卵は生き物と思っています」と話す。

ベジタリアン・フードフェスティバルのサラさんは「例えば、卵にしても『人道的な育て方』はないんです。放し飼いと言っても実際には窓もない施設に入れられ、外に出してもらえるのは週に一度だけ。乳牛は常にミルクを出すために1年中妊娠させられ、乳が出なくなれば屠殺(とさつ)される。卵や牛乳の方がよほど残酷だと思います」

なるほど、動物愛護の観点が最も大きいようだが、実は乳製品も卵も含め、「畜産から生まれるものはすべてだめ」という考え方には、もう一つの大きな根拠があった。これがなければ、空前のヴィーガン・ブームは起きなかったかもしれない。

■「温暖化を食い止めたいから食べない」

それはシーズンド・ヴィーガンで会った、これからヴィーガンになりたいという男性に「なぜヴィーガンになりたい?」という質問をぶつけた時だった。すぐさま返ってきた答えはこうだ。

「地球環境のためさ。自分が食べるものを選ぶことで、できるだけ温室効果ガスの排出を減らしたいんだ」

別の場所で聞いたヴィーガン歴1年という女性も「環境問題は深刻です。大量の温室効果ガスを出す畜産を減らすためには、私たちが肉をやめるところから始めなければ」と熱く語った。

つまり、彼らは肉や牛乳を生産する段階で排出され、地球温暖化の原因になっている温室効果ガスを、「肉や乳製品など畜産から生まれる食べ物を食べない」という方法で減らそうと考えているのだ。

若い彼らにとって、ヴィーガンになる第1の理由は地球環境を守ることだったのだ。

実は、この考え方を世に広めたのもやはりドキュメンタリー映画だった。

レオナルド・ディカプリオがプロデュースした『カウスピラシー』(2014)の主人公は、アル・ゴア元米副大統領主演の「不都合な真実」に傾倒した若いディレクター。温室効果ガスを減らすために子供の頃から節電や節水、車をやめて自転車に乗っていたにもかかわらず、それらの成果が、自分が食べている肉が育つために使われるエネルギーと温室効果ガスの排出量には遠く及ばないことを発見し、ショックを受けるところから始まっている。

あわせて読みたい

「ヴィーガン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  2. 2

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  3. 3

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  4. 4

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  7. 7

    ソウル市長が失踪 娘に遺言か

    ABEMA TIMES

  8. 8

    河井事件めぐる検察の悪辣な策略

    郷原信郎

  9. 9

    大学のオンライン授業移行が波紋

    ヒロ

  10. 10

    真実より視聴率重視するマスコミ

    菊地直子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。