記事

レンタル業界が反転攻勢 TSUTAYAとGEOがR18動画配信参入

レンタル業界が苦境から反転攻勢に打って出た

 日本映像ソフト協会によれば、レンタル市場は2007年の3604億円から2018年には1542億円と、6割近く縮小。TSUTAYAやGEOといった大手レンタルチェーンも苦戦が続いている。

「全国に約1400店舗を展開するTSUTAYAですが2017年には70店舗以上が閉店となりました。GEOも同様で、店舗数自体は中古品専門店などの好調を受けて増えていますが、レンタル店は減少しています」(ITジャーナリストの小山哲太郎氏)

 レンタルビデオ店が苦境に立たされている最大の原因は、高速のインターネット回線が一般家庭にも広く行き渡り、ネットで配信される動画を快適に視聴できるようになったことだ。

「NetflixやHulu、Amazonプライム・ビデオなど映像配信会社のコンテンツが充実し、しかも定額で見放題のサービスも広がっている。アダルトコンテンツでいえば違法な無料動画サイトを利用するユーザーが増えた。消費者はわざわざDVDを借りに行って、また返却しに行くような手間のかかることをしなくなっている」(同前)

 そうした“ネットアダルト動画全盛”の時代に突入するなか、既存のレンタルビデオ店が反転攻勢に打って出ようとしている。TSUTAYAが運営する動画配信サービス「TSUTAYA R18」では、月額1000円(税込。以下同)で4000タイトルのアダルト作品の定額見放題サービスを行なっている。より多くの作品を楽しみたい人向けに、7万本以上を視聴できる「月額見放題フル」(月額2571円)もある。月額980円で見放題のGEOの動画配信サービス「ゲオTV」でも、約2万5000本の見放題動画のうち、アダルト作品が2万3000本を占めている。

 企画内容や作品のラインアップに加えて、慣れ親しんだ「実店舗を構える企業」が運営していることによる安心感もあるようだ。

「無料動画サイトみたいに、再生をクリックしたら変な宣伝ページに飛ばされたりとか、間違ってバナー広告をクリックしてしまう心配がないから安心して見られる」(60代男性)

 前出・小山氏がいう。

「海外の違法動画サイトは、たとえ無料でもフィッシング被害に遭うリスクなどがあるし、英単語による検索が必要になることもある。中高年層を中心に、“タダじゃなくてもいいから、安心してアダルト動画を楽しみたい”“自分の見たい作品を選びやすいほうがいい”という意識が広がっている。TSUTAYAやGEOの参入はそうしたニーズに応えようとするものといえるでしょう」

◆実物も借りられる

 もちろん、先行してサービスを提供する国内の動画配信サイトは他にもあり、実店舗を軸にビジネス展開していたTSUTAYAやGEOが出遅れている感は否めない。ただ、巻き返しを図るために、既存の動画サイトにはない強みを活かした特典を打ち出している。「TSUTAYA R18」でいえば、レンタルビデオチェーンにしかできない「リアル店舗との連動」だ。

 例えば「定額レンタル8」と「動画見放題」のプランをセットにすれば、「TSUTAYA R18」が視聴でき、かつ月8枚までDVDを借りることができる(月額2417円)。

「このプランでは実際に店舗まで行かなくても、ネット上で『定額リスト』に見たい作品を登録しておくと、自宅にDVDを届けてもらえる。見終わったら郵送で返却し、そうするとリストから次のDVDが送られてくる。実は、デジタル化されていないAV作品は意外と多い。手軽な配信動画を楽しみながら、“懐かしい昔の作品も見たい”というオールドファンに向いていると思います」(AVに詳しいライターの尾谷幸憲氏)

 また、「TSUTAYA R18」では月額1000円の見放題プランに加入すると毎月1080円分の「動画ポイント」が還元される。

「サイト内での動画購入にだけ使えるポイントですが、定額プランでは視聴できない一般映画などの視聴に使用できる。1本あたり500ポイントほどで視聴できるので、毎月2本の新作映画を“サービス”で視聴できることになります」(尾谷氏)

 初回の30日間は無料体験できるので、作品のラインアップや使い勝手を確認した上で、実際に料金を払うかを決められる。一方、ゲオTVでも、初めて利用する人向けにさまざまな特典が用意されている。動画サイトに詳しいライターの安田秀夫氏が解説する。

「新規会員登録した時の“無料お試し期間”は14日間ですが、お試し期間にもかかわらず、一般映画作品などの単品レンタルで使える1000円相当の『新作無料クーポン』がもらえます。お試し期間が終わった後も、継続利用すれば3か月連続で毎月1000円分の新作無料クーポンがもらえます」

 レンタルビデオ店の動画配信サービスはいずれも後発のため、新規の利用者に対して“お得感”を出そうとしていることが窺える。

◆妻バレが回避できる

 支払いに際しては、広く知られた実店舗が存在することによる利点もある。

「アダルト動画サイトを見ている時にはバレなくても、後でクレジットカード支払いの利用明細を妻に見られないかが心配。その点、ゲオTVは『ゲオオンライン ゲオティービー』の名称で請求が来るから普通の映画作品をネットで見ているのだと説明することができるんです」(50代男性)

 この点は「TSUTAYA R18」も同様で、月額プランでも単品購入でもクレジットカードの利用明細には「TSUTAYA DISCAS」と表記されることになっている。大手レンタルビデオ店ならではのブランド力が功をなすかたちだ。これらのレンタルビデオ店系動画サイトが今後どうサービスを拡充させていくかが、注目されている。

「日本最大級のアダルト動画配信サイト『FANZA』の作品数は20万本以上。また、東証一部上場で一般映画などの配信サービスを行なう『U-NEXT』も、作品数では『TSUTAYA R18』と『ゲオTV』を大きく上回っている。“レンタルビデオ系動画サイト”が、実店舗がある強みやブランド力を活かして今後どこまでコンテンツを充実させていくかが期待されます」(尾谷氏)

※週刊ポスト2019年9月6日号

あわせて読みたい

「TSUTAYA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  3. 3

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  4. 4

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  6. 6

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  7. 7

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  8. 8

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  9. 9

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

  10. 10

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。