記事

「大学生活=鳥人間コンテスト」琵琶湖の空にすべてを懸けた若者たちの挑戦

1/2

8月28日、読売テレビにて今年で42回目となる「鳥人間コンテスト」が放送される。自作した人力飛行機で琵琶湖上空を飛び、飛距離を競う夏の風物詩的な番組だ。

空を目指し続ける鳥人間たちと、時に残酷すぎるほど厳しい自然との戦いは、これまでも数え切れないほどの劇的なドラマを生み出し、視聴者を魅了してきた。

彼らはなぜ空に憧れるのか、「鳥人間コンテスト」とはどんなものなのか、社会人チームと違って“一度きり”の挑戦となる大学生たちに聞いた。

「鳥人間は高校球児にとっての甲子園」

7月某日、滋賀県彦根市の琵琶湖東岸で「鳥人間コンテスト」が2日にわたり開催された。大会に向けて1年間を捧げてきた参加者、応援に集まった関係者、熱い戦いを期待する観客…と早朝から湖岸は多くの人で賑わい、緊張感がありつつも非日常的な雰囲気に包まれていた。

鳥人間コンテストは「人力プロペラ機」と「滑空機」の2つの部門に分かれて争われる。2019年の参加者は人力プロペラ機部門が17チーム、滑空機部門が15チームで、それぞれ大半が大学生によるチームとなっている。

社会人チームとは違い、大学生チームは毎年代替わりがあるため中心となる学年にとって鳥人間コンテストは最後の晴れ舞台だ。引退してからOBとして部活に関わっていくケースも多いが、参加者としてはこの大会で活動にひと区切りとなる。

何人かの参加者からは「鳥人間は高校球児にとっての甲子園のようなもの」という言葉を耳にしたが、文字通り大学生活の集大成。懸ける想いも強い。

完全制覇の60kmに期待が集まる

ここで両部門のルールを確認しておこう。

【滑空機部門】
・機体は動力を持たない自作の人力飛行機
・プラットホームの高さは水面から10メートル。助走路は10メートルで、傾斜角は3.5度の扇形
・プラットホームの先端から着水した機体の最後尾までの飛行距離を競う

【人力プロペラ機部門】
・機体は自作のプロペラ付き人力飛行機
・プラットホームの先端から着水した機体の最後尾までの飛行距離を競う
・南ルート(沖島ポイント)と北ルート(竹生島ポイント)に設置した2つのチェックポイントを通過して再びプラットホームを目指す
・帰還した場合の記録は60kmとする

人力プロペラ機部門では、沖島と竹生島に2か所あるチェックポイントを経由してゴールを目指し、完全制覇した場合の記録は60kmとなる。

60kmがどのくらいかといえば、東京駅から三浦半島の先端・剱ヶ崎砲台跡までが直線距離で約60km、関西でいうとなんば駅から淡路島にある淡路ワールドパークONOKOROの直線距離と同程度。つまり、車でも行くのをためらうほど遠いと考えておけば間違いないだろう。

鳥人間コンテスト/読売テレビ

2017年の第40回大会まではチェックポイントが1か所、往復40kmの行程だったが、今年も参加する強豪社会人チーム・BIRDMAN HOUSE伊賀が完全制覇したことで60kmに延長されたという。

「少しでも良い記録を出したい」
「チームの先輩たちが出した記録を越えよう」

と、目標として自分たちのベスト記録を掲げている大学生チームが多く見られたが、「1mでも先に」という積み重ねの先に見据えるのは60kmという偉業だろう。

鳥人間コンテスト/読売テレビ

メンバーとぶつかりながら空を目指す

ひと口に「大学生」といっても、ストイックなパイロットが引っ張るチーム、明るく雰囲気が良いチーム、応援団も含めかなり気合いが入っているチーム…と様々なカラーがある。ひょうきんなキャプテンが「恋愛禁止」ルールを設けている大学もあった。

チームの顔となるのは、メンバーの想いを背負って飛ぶパイロットたちだ。一般的にどのサークルでも各人の担当するセクションが細かく割り当てられているが、パイロットだけは飛行機の製作にはかかわらず、その時間を自身のトレーニングにあてる。

鳥人間コンテスト本番にすべてをぶつけるための役割分担だが、その分プレッシャーも大きい。天候の影響で、今年は本番までに満足にテストフライトができなかったチームも多かったという。

BLOGOS編集部

辛かったこともあったけど、チームのメンバーには感謝しかないです。これだけ飛べる機体を作ってくれて。

人力プロペラ機部門にエントリーする大阪府立大学 堺・風車の会の中村侑真さんはそう話す。鳥人間コンテストに出場するために同大学に進学したという中村さんは、実業団ランナー並みの持久力を持つことから「怪物パイロット」の異名をとる。今大会でも期待の大学生パイロットの一人だ。

うちの現役部員は数が少ないので、ずっとトレーニングをしていた僕を除いたメンバーで機体を製作しました。『僕はトレーニングをしているんだから、お前らもっとやってくれ』って、ぶつかって喧嘩になることもあったけど。でも今は本当に感謝しかない。いいチームでした(中村さん)

「どうしても彼女に飛んでほしかった」

パイロットとそれ以外のメンバーの関係は、チームによって様々な形がある。

静岡大学 ヒコーキ部の代表・田中伸治さんは苦楽を共にしたメンバーについてこう振り返る。

いろんな個性のやつがいて面白かったですし、何かあったときはみんな協力して乗り切ってきた仲間たちなので、全員で鳥人間コンテストを迎えられたことが僕は嬉しいです。みんなと作業すること、仲間と活動すること自体が楽しかった。だから、しんどいことがあっても頑張れました。

チーム全員でどのように同じ目標を共有し、本番当日まで頑張り続けたのかと質問を向けると「パイロットである坪内萌さんを飛ばしてあげたかったから」だと答えが返ってきた。

人力プロペラ機部門で数少ない女性パイロットの一人だった坪内さんは、航空機のパイロットになる夢を持っていたが、規定の身長に満たず夢を諦めたという。そこで「鳥人間コンテストであれば飛べる」と、静岡大学に進んだのだとか。

女性ながら頑張ってくれて、僕たちの世界を引っ張ってきてくれた。みんなそれぞれ懸ける思いはあったんですけど、彼女に飛んでほしいという思いは(同じように)持っていて。(田中さん)

フライト後、大会を終えた感想を聞いたところ、田中さんは言葉を詰まらせながら「今は清々しいですね。肩の荷が下りました。この景色を見ているだけで感無量です」と口にした。

あわせて読みたい

「バラエティ番組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    謙虚なラグビー界 にわかを歓迎

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ホームレス拒否 人権に疎い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  3. 3

    防衛省に戦闘機調達の能力はない

    清谷信一

  4. 4

    ラグビー「にわかファン」が反響

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    岡本夏生 わいせつで芸人を提訴

    NEWSポストセブン

  6. 6

    女性キャラの献血PR 批判に雑さ

    紙屋高雪

  7. 7

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  8. 8

    ラグビー敗退 熱はまた4年続くか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  10. 10

    西田敏行 降板に止まぬ惜別の声

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。