記事

【政僚シリーズ7】外交官 杉原千畝の人道博愛精神と矜持-上司の命令と良心のはざまで揺れ動く苦悩に思いを馳せる

1/2

 杉原千畝の功績を伝える「リトアニア杉原記念館」(カウナス)を訪問した。用意された2本のビデオ(杉原の故郷 岐阜県八百津市とユダヤ人入港地敦賀市の作成)を見て涙した。私はもともと涙もろく、寅さんの映画を見ながら涙を流す私を見て、幼い頃の子供から不思議に思われ笑われていた。今もその癖は治っていない。

<杉原の逡巡と博愛精神優先の決断>

 まず杉原がどのようにして6000人のユダヤ人を救ったか簡単に紹介する。
1940年7月18日 杉原は多くのユダヤ人がリトアニアのカウナス日本領事館の前に列をなしているのに気がついた。詳細は省くが亡命ユダヤ人が生き残るには、蘭領キュラソー島に行くと称して日本の通過ビザを取るしか脱出方法はなかった。

日本はドイツと同盟関係にあり外務省は冷たく拒否しろという返電しかしてこなかった。杉原はそれが国益にかなうか逡巡する。そして、職を賭して人道博愛精神を優先した。それから1カ月余、ソ連のリトアニア占領による国外退去の日までのみならず、列車の中でもビザを書き続けた。

<家族への温かい愛>

 杉原は、早大で英語を学び、その後外務省の官費留学生としてハルピン学院ではロシア語を学んだ有能な諜報部員だった。だから、並みの外交官よりも一歩先の情報を掴み、展開を読めたのであろう。万年筆が壊れ、ペンにインキを付けて書かざるをえなくなっても、累加が家族に及ばないように一切手伝わせなかった。「保身よりも人命救助を」と夫の決意を促した妻幸子は、腱鞘炎になりかけた夫の手を優しくマッサージするだけだったが、杉原は睡眠不足のためその最中に眠り込んでしまった。死力を尽くしていたのである。

 この気配りもむなしく、1945年ルーマニアで終戦を迎えた時には、ソ連の国外退去命令違反から家族もろとも収容所に入れられている。1947年帰国後も、退職させられ収入の道を閉ざされている。

<ユダヤ人にも降り注ぐ愛>

 杉原は、いかつい顔写真から察するに信念の人であろう。しかし、単なる同情心で、本国の命令に背いてビザを発行し続けたのではあるまい。「私のしたことは外交官としては間違ったことだったかもしれない」と素直に認めている。

「しかし、私を頼ってきた何千人もの人を見殺しにすることはできなかった。大したことをしたわけではなく、当然のことをしただけである」と淡々と当時の心境を語っている。この高潔な心に胸を打たれる。

<日本国への崇高な愛 - 真の国益を追求>

 他の国々や他の外交官と同じようにナチスに迎合してユダヤ人を見殺しにする理不尽は、杉原の良心が許さなかったのはもちろんである。しかし、その奥で今の今だけを見ることなく、遠い将来を見据えて、ユダヤ人を助けることが日本(人)の毅然とした道義を示し、世界に信頼されることになると考えたに違いない。その証拠に、ビザを手渡す時、一人ひとりに「バンザイ・ニッポン」と言わせていたという。日本国を背負う外交官の矜持として、「命のビザ」の発給こそ、日本への感謝を忘れるなとしっかりと釘を刺していたのである。

 つまり、真の国益につながると、ある種の確信を持ってたのである。まさに日本国への限りない忠誠心である。

<人種差別に抗する国士・外交官>

 当時ドイツは全ヨーロッパを手中に収め、ソ連とポーランドも分け合っていた。そのドイツの反ユダヤ主義は凄まじかった。それに抗うことは、下手をすると日本の当面の国益を大きく損なう恐れがあった。当然のこととして、杉原の外務省における出世の道は閉ざされることになる。しかし、日本や世界の見ぬふりに同調することができず、杉原は本国の訓令に反し、世界の潮流に迎合しなかったのである。

あわせて読みたい

「杉原千畝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  2. 2

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  4. 4

    韓国法相辞任 反日弱まる可能性

    文春オンライン

  5. 5

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  6. 6

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  7. 7

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  8. 8

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  9. 9

    台風19号 タワマン断水続き悲鳴

    文春オンライン

  10. 10

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。