記事

記者クラブの“名刺席取り” 「各社やってますからねえ」

画像を見る

記者はいなくとも「社名入りの手帳」が座席の“占有”を主張する。=28日、国会事故調@参院会館。写真:筆者撮影=


 まだこんな非常識なことが罷り通っているのか、と呆れる。記者クラブメディアによる席のひとり占めである。「名刺」や「社名の入ったメモ帳」を座席に撒いて、自社以外の記者が座れないようにするのだ。

 昨日、参院会館で開かれた国会事故調の報道席で、この醜悪な光景が見られた。読売新聞の記者が「社名付きのメモ帳」(写真上段)などを7席に置き、菅直人参考人の顔が最も良く見える一角を独占していたのだ。

 筆者と自由報道協会代表の上杉隆は“実行犯”の記者をつかまえて抗議した。「ルール違反ではないか?」と。記者クラブ主催の会見ならいざ知らず、一般の傍聴もできる公開の委員会である。

 読売の記者(写真下段)は悪びれもせずに「各社やってますからね」とニヤニヤしながら答えるのだった。

 席取りは記者クラブの特権だ。フリーランスをはじめ記者クラブ以外のジャーナリストは、受付け開始時刻まではゲートの外で待たねばならない。

 だが、記者クラブはオールマイティーとも言える国会記者証で、いつでも入館できる。先に行った若手記者やアルバイトに「名刺」や「社名付きメモ帳」を置かせ、先輩記者様ご一行は、催しが始まる直前にお出ましだ。

 「正直者が馬鹿を見るではないか?」。筆者は再び読売の記者に詰め寄った。記者は「各社やってますからね」を繰り返した。不遜な笑みは浮かべ放しだった。世間の常識に照らし合わせて恥ずかしいことをしている、との思いはないのだろう。

画像を見る

菅直人参考人の顔が最も良く見える一角は、読売新聞社様の升席だった。=写真:筆者撮影=


 最近やっとクラブメディアの記者が名刺を交換してくれるようになった。かつてはフリーランスが名刺を出しても、彼らは「いやあ、今ちょっと名刺を切らしていまして」と言って名刺をくれなかったものだ。ところが、席取りになったら、湧いたように名刺が出てくる。

 どの会場であろうが、座席数は限られている。にも拘わらず彼らはどこに行っても「席取り」をする。早くから並んだ人が、立ち見の憂き目を見る。まさに「世間の常識は記者クラブの非常識、世間の非常識は記者クラブの常識」である。

 曲りなりにも社会正義を訴える新聞記者がすることだろうか?

あわせて読みたい

「記者クラブ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。