記事

秋に発足する新内閣 首相側近が並ぶ「イエスマン内閣」へ

内閣改造でやりたい放題?(EPA=時事)

二階俊博氏はお役御免に?(時事通信フォト)

 安倍晋三首相のイエスマンばかりの自民党にあって、「私は忖度しない」と一線を画す姿勢が持ち味だった小泉進次郎氏だが、フリーアナウンサー・滝川クリステルとの結婚報告に官邸に行って以来、首相との距離が急接近している。

【写真】二階俊博・幹事長の去就は?

 そもそも進次郎夫妻が入籍前日に官邸に出向いたのは「後見人」的存在である菅義偉・官房長官への挨拶のためだったが、たまたま官邸にいた安倍首相にも挨拶できた。その段取りは「関係がしっくりいっていなかった総理と進次郎を取り持つために菅さんが骨を折った」(自民党議員)とみられている。

 結果、結婚で丸くなった進次郎氏への“ご祝儀”として入閣が固まり、次の総裁選で一気に安倍首相の後継総理の座に駆け上がるレールが敷かれつつある。

 安倍首相は「政権の総仕上げ」に向けた体制をつくるために内閣改造では大幅に大臣を入れ替えると見られている。

 最大の焦点は二階俊博・幹事長の去就だ。党内に睨みを利かせる重鎮ではあるが、80歳と高齢のため「激務の幹事長の留任は体力的に厳しい」(安倍側近)との判断で副総裁への昇格が有力。後任には若手の起用が取り沙汰されている。

 進次郎氏も候補の1人だ。

「安倍総理は進次郎氏の父・小泉純一郎氏が首相のときに大臣経験がないまま幹事長に大抜擢され、それをきっかけに最短距離で首相に上り詰めることができた。その恩返しで、今度は関係修復した進次郎氏の幹事長抜擢の可能性もなくはない」(自民党細田派ベテラン)

 ただし、ライバルがいる。首相の覚えめでたい竹下派の加藤勝信・総務会長である。

 加藤氏はかつての安倍派大幹部だった故・加藤六月・元農水相の女婿で、姑の睦子氏は首相の母・洋子氏とは親友同士として知られる。派閥は違っても安倍首相の信頼は厚く、これまで官房副長官や厚労相、総務会長と陽の当たるポストに起用され続けている。

「総理は退陣後も影響力を残して院政を敷くためにイエスマンを後継者に据えたいが、自分の派閥(細田派)には適任者がいない。進次郎はクセが強いが、その点、加藤は総理の意向には絶対に逆らわない。そこで加藤を進次郎のライバルの総裁候補に育てるため、今回の改造で幹事長に抜擢する選択肢を検討している」(同前)

 進次郎氏と加藤氏という2人の幹事長候補に“忠誠心”を競い合わせるのは権力者の人事の常套手段だ。

◆誰も逆らわずに禅譲

 他の入閣候補も側近のオンパレード。首相の“子飼い”とされる萩生田光一氏の防衛相起用や、スキャンダルで大臣を降板して再入閣が悲願の甘利明氏や下村博文氏たちの名前が挙がっている。

 一方、いまや安倍首相とならぶ政権の実力者である菅氏の周辺からは、進次郎氏に加えて、側近ナンバーワンの河井克行氏、「恥を知れ」発言で安倍首相の覚えもめでたい三原じゅん子氏らの入閣が濃厚とされる。

 かつて小泉内閣で幹事長を務めた武部勤氏は、何事も首相の指示通りに動き、「偉大なるイエスマン」を自称した。

 秋に発足する新内閣は、政権の権力者たちが意のままに動く側近たちを大臣に並べ、“偉大なイエスマン内閣”ができそうだ。これなら、安倍首相と菅氏が「次は進次郎」といえば、誰も逆らわずに政権禅譲ができるに違いない。

※週刊ポスト2019年9月6日号

あわせて読みたい

「内閣改造」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  3. 3

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  4. 4

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  5. 5

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ制作の無責任 過剰演出も

    文春オンライン

  7. 7

    769億円で「幽霊法人」に発注か

    文春オンライン

  8. 8

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    コロナで「おさわり」も禁止せよ

    幻冬舎plus

  10. 10

    カイロ大卒は嘘 小池氏巡り証言

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。