記事

【読書感想】野球消滅

1/2

野球消滅 (新潮新書)
作者: 中島大輔
出版社/メーカー: 新潮社
発売日: 2019/08/08
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

野球消滅(新潮新書)
作者: 中島大輔
出版社/メーカー: 新潮社
発売日: 2019/08/23
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容紹介
いま、全国で急速に「野球少年」が消えている。理由は少子化だけではない。プロとアマがいがみ合い、統一した意思の存在しない野球界の「構造問題」が、もはや無視できないほど大きくなってしまったからだ。このままいけば、30年後にはプロ野球興行の存続すら危ぶまれるのだ。プロ野球から学童野球まで、ひたすら現場を歩き続けるノンフィクション作家が描いた日本野球界の「不都合な真実」。

 ふだんの「遊び」として野球をやる子どもが減っている、というのは、半世紀近く生きてきた僕も実感しています。
 いま10歳の僕の長男は、たぶん、9人対9人でやる「野球の試合」をやったことはないはずです。というか、9人いなくても、ある程度の人数が集まったら公園で野球をやる、という選択肢が、いまの子どもには存在していないのではないかと思われます。

 この本でも触れられているのですが、野球というのは「遊びでもチームをつくって試合をするには他のスポーツよりも多くの人と、ボール、バット、グローブなどの用具が必要であり、球技禁止の公園も多いことから、いまの日本でやるには、かなりハードルが高い」スポーツなんですよね。
 子どもを地元のチームに入れると親の負担も大きくなるということで、敬遠されがちでもある。

 その一方で、将来のプロ野球選手を目指す子どもたちは名門チームで厳しい指導を受ける、という二極化が進んでいるのです。

 2018年シーズン、プロ野球の観客動員数は史上最多の2555万719人を記録した。球界再編騒動の翌年、実数発表を始めた2005年が1992万4613人だったことを考えると、近年の野球人気がよくわかる。

 だが、それはあくまでプロ野球の観客動員にまつわる数字だ。野球界の裾野に目を向けると、まったく異なる現象が起こっている。小・中学校の野球人口は2007年から2016年にかけて26.2%も減少しているのだ。

 少子化の影響もあるとはいえ、それ以上に「自分で野球をする子ども」は減っているのです。
 プロ野球の観客動員数は右肩上がりであるのに比べて。
 各球団は、一度球場に来てくれた人にリピーターになってもらうことに注力しているのですが、プロとアマの壁もいまだあって、「野球のプレイヤー人口」は減る一方になっています。

 著者は、それに対して、プレイヤー人口が減ると全体のレベルが低下し、試合がつまらなくなる、という説と、「プロを目指すようなレベルの高い人たちに資源が集中するようになるので、プロのレベルは変わらないのではないか」という説を並記しています。

 いち観客としては、高校野球の選手のレベルはどんどん上がってきているようにみえるので、お金になるところでは、そんなにレベルが落ちることはないのでは、と思うのですが。

 1990年代から社会が激変し続けるなか、当たり前のように、人々(特に子ども)と野球の関わり方も大きく変わった。

 40年前の少年は誰もが気軽に野球遊びを行っていた一方、高校まで続ける割合は5%に満たなかった。それでも野球のルールや楽しみ方を知っており、テレビで「見る」スポーツとして熱中した。そうして巨人戦のテレビ視聴率は1970年代後半から平均20%を記録し、多少の増減はあれども2000年まで同等の数字を維持している。

 しかし、イチローがMLBに移籍した2001年に年間平均15.1%を記録すると、徐々に下落していく。遂には地上波から姿を消し、同時に「見る」スポーツとしての野球は日本で存在感を薄めている(視聴率はビジオリサーチ調べ、関東)。

 そうした環境で生まれ、野球少年は減り続ける一方、子どもの頃に野球を選択した少年の1割が高校生になっても野球を続けている。「する」スポーツとしての野球は、いまだ一定の支持者がいると言える。

 では、残り9割の高校生はどうだろうか。子どもの頃に触れなかった野球を大人になり、「見る」ようになる割合が高まるとはなかなか考えにくい。彼らが就職した後、可処分所得を有料放送中継を含めたプロ野球観戦に使う割合は減っていくはずだ。そうしてプロ野球は収入を減らすと、現在のような規模を維持するのは難しくなる。

 さらに、懸念されるのは負のスパイラルだ。

 野球に興味のない少年・少女が大人になって結婚・出産したとき、その子どもが野球をする確率も下がるはずだ。子どもが習い事を始めるきっかけは、友人や兄弟の誘いに加え、親(特に母親)の影響が大きい。周りの友人がサッカーやバスケットボールを楽しみ、親も野球に馴染みが薄いとすれば、子どもが野球を始めるのはよほど突発的な理由しかないだろう。

 「カープ女子」が話題になっていても、プロ野球ファンは徐々に高齢化しているし、「野球に全く興味がない人」は増えているのです。

 僕の個人的な意見としては、プロ野球が衰退していくのは寂しいというのと、読売が長年支配してきた日本のプロ野球なんて、徹底的にぶっ壊されてしまっても構わない、というのが入り混じっているのですけど。

 この本を読んでいると、日本人の野球に対するスタンスが「二極化」している、というのを強く感じるのです。
 「大好きで、自分でプレーしたり、スタンドに足を運び、グッズを買い、有料放送で試合を観戦する人」と「野球のルールすら知らないし、全く興味が無い」という人に。

 野球への関わり方も、「見るのは好きだけど、自分ではプレーしない」という人たちと、「職業としてのプロ野球選手を目指す」という二極化がすすんでいることを著者は指摘しています。
 高校の野球部も、多くの部員をかかえる強豪校と、公式戦に出るための9人の部員すらいない高校に「二極化」し、その中間層の割合がどんどん減ってきています。

 こうして書いていると、今の日本は、なんでもかんでも「二極化」だな……と考え込まずにはいられません。

あわせて読みたい

「野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  3. 3

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  4. 4

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  5. 5

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  6. 6

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  7. 7

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  8. 8

    新型iPhone発売も内外から逆風

    ロイター

  9. 9

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  10. 10

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。