記事

アルキメデスの大戦、空母いぶき…映画から政策を学ぶ

政治の学びとなる映画も、私はぜひ観て学びたいと日頃から思っています。

今回は2つ。

アルキメデスの大戦は、総力戦研究所を思い出させる、ストーリー。

「負けて目覚めるしかない」との言葉がありました。これも、名著「戦艦大和の最期」の臼淵大尉の言葉と似ていて、重い言葉で印象的でした。

ひとつひとつには違和感のなきにしもあらずでしたが、やはりあの戦争の、細部まで正確に学び、未来への示唆を得なければならないと痛感しました。


空母いぶきは、総理役の佐藤浩市が安倍総理を揶揄するようなコメントを事前にしていたので、少し懸念していましたが、作品そのものは超本格的な戦闘映画で、さすがかわぐちかいじ作品だとシビれました。

空母の必要性すら、現状の政治ではなかなか明快に決断推進できないのがもどかしいですが、そもそも作品で描かれているように、戦闘現場に法解釈、判断を押し付けている現状は、政治の不作為と言ってよく、自衛隊の皆さんに誠に申し訳ない気持ちになりました。

いまは、日本を守れる、十分な法体系になっていないし、それは現場を苦しめている。この現実をなんとしても正さねば、前線で命懸けで戦う皆さんに申し訳ないだけでなく、日本の独立自尊をも危うくする、と痛感しました。

現場を踏まえた政策を、国防の面でも、しっかり知見としていかねばならないと感じました。


これからも私は学び続けます。

皆さんからも、政治家が観るべき作品を、推薦頂ければ幸いです。

あわせて読みたい

「空母いぶき」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチンデマについて

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  4. 4

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  7. 7

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  8. 8

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  9. 9

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  10. 10

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。