記事

「ポケモンGO」をソーシャルワーカーが高齢者に勧める街もあるー健康増進、社会参加を促すために、これからのゲームが目指すべきこととは

1/2
2016年にリリースされるや、大きな社会現象を起こした「ポケモンGO」。当初の爆発的な利用はおさまったものの、今でもヘビーユーザーがしっかりと使い続けている*。さらに昨今では、社会的に孤立している人々を救う上でもこのゲームが一役買っているという。ロイヤルメルボルン工科大学教授のラリッサ・ヒョースとカタルーニャ公開大学教授ジョルディ・ピエラ・ジメネスが、学術研究ウェブメディア『The Conversation』に寄稿した記事を紹介する。

*2019年6月Google Playゲームカテゴリの月間利用者数ランキングでは第2位(App Ape Lab)。

** 
2016年7月初め、世界各地で奇妙な現象が起こった。バルセロナ、メルボルン、シンガポール、ニューヨークなどの街角に突如、スマートフォン片手に歩き回る人々があふれ出したのだ。

Image by natureaddict from Pixabay

彼らがプレイしていたのが拡張現実(AR)を利用したゲーム「ポケモンGO」。このゲームにより、デジタル情報と現実空間を重ねる「AR技術」が私たちにとって身近なものとなった。最盛期には、「ポケモンGO」に関するネット上の検索数がポルノ関連を上回るほどだった。
何事もひとたびブームが過ぎると、「今頃・・・」と思われがちだが、このゲームが本当に興味深い現象を起こしているのは、この後なのだ。

孫が引きこもりがちなおばあちゃんにポケモンGOを伝授

スペインのバダロナ*に住んでいる67歳の看護師ソフィアは、10年前に夫をがんで亡くした。深く落ち込み、なかなか立ち直れずにいた。そんな彼女を支えたのが娘や孫たちの存在だった。特に仲良くしていたのが7歳の孫ディエゴだ。二人は一緒にいろんな遊びをし、それぞれの世代の得意ワザを教え合ったりした。ソフィアに「ポケモンGO」を教えたのもディエゴだ。

*バルセロナ中心部から10kmに位置する街。

一緒に町を歩き回りながら、ディエゴは身体の動きとデジタル空間がどう連動するのかをソフィアに見せた。ポケモンの捕まえ方も教えた。すると、ソフィアにとっては生まれてからずっと暮らしてきた町が、また違って見えてきたのだ。

Photo:David Grandmougin (Unsplash)

ほどなくしてソフィアは自分の「ポケモンGO」アカウントをつくり、ポケモンを捕まえたくて、いそいそと外を歩くようになった。スーパーや市場までのいつもの道のりが、ポケモンを探す“冒険”となり、ポケモンを捕まえたい一心でいつもと違うルートを歩くようにもなった。指先で動かすデジタル情報と周囲の環境が、精巧に重なり合っていった。

ノリのいい性格も手伝って孫ともさらに仲良しになり、異なる世代の人たちともつながれる手段を得た。ひところの勢いほどではなくなったと言われる「ポケモンGO」が、ソフィアの生活を明らかに豊かにした。おかげでソフィアは体調も良くなり、地域活動にも積極的に関わるように。孫のディエゴからすると、抜群にクールなおばあちゃんだ。

彼女のように、若い人のあいだではすっかり浸透し、「注目の的」ではなくなったテクノロジーが、高齢者の健康維持に楽しく役立ち、地域社会とつながっていける事例が増えているのだ。

あわせて読みたい

「ポケモンGO」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  3. 3

    玉木代表は「分党」の考え見直せ

    おくの総一郎

  4. 4

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  5. 5

    日本の徴用工補償「筋通らない」

    文春オンライン

  6. 6

    日英で違う終戦記念日の過ごし方

    小林恭子

  7. 7

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  8. 8

    天皇が靖国神社を参拝しない背景

    幻冬舎plus

  9. 9

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。