記事

今更ですが「のぞみ」はエクスプレス予約とパスモで超便利


世の中には気が付かない便利なことが、まだまだたくさんあることを再認識する出来事がありました。

大阪や名古屋に出張で行くときは、新幹線「のぞみ」を使っていますが、いつもJR東海のエクスプレス予約というサービスを利用していました。

アプリをダウンロードして、クレジットカード情報を登録しておくと、携帯から予約をすることができます。これを使えば、駅の窓口の行列に並ぶ必要がありません。それだけではなく、予約したチケットは手数料なしで、出発するまでなら、何回でも変更ができます。

例えば、11時発ののぞみを予約しておいて、予定よりも早く駅に着いてしまったら、構内でアプリから11時より前ののぞみに変更して乗車することができます。座席表を見ながらの予約もできるので、空いている列車を探すことも可能です。逆に、乗り遅れそうになったら、後の列車に予約を変更すれば、指定券が無駄になることがありません。

駅に向かうタクシーの中や駅の構内で、時間を見ながらアプリで予約変更するのが、習慣になっていました。

しかし、難点は駅に着くと発券機に行って、チケットを発券しなければならないことでした。発券にどのくらい時間がかかるか読めないのが、何ともストレスだったのです。

ところが、先週末に大阪に出かける時に、何気なく予約確認メールを見ると

【IC乗車可】
ご登録いただいた交通系ICカードを自動改札機にタッチし、「EXご利用票(座席のご案内)」をお受け取りになってご乗車ください。

と書いてあるのを見つけました。

どうやら、パスモを使って直接自動改札から乗車できるようなのです。

東京駅で、発券機を使わず、恐る恐るパスモを改札でかざすと、EX利用票というカードが出てきました。何と、発券機に並ぶ必要は、今までそもそも無かったということです。

帰りも、新大阪駅で改札にパスモをかざして、乗車できました。

これなら、更に便利に時間を短縮することができます。旅慣れた人は、当たり前のようにやっていることなのかもしれません。しかし、私は恥ずかしながら、今まで気が付きませんでした。

世の中には、このように便利なことで、まだまだ自分が知らないことがたくさんあるような気がしてきました。

この手の情報は、実際に使っている人の話を聞くのが一番です。達人に聞いて、出来るだけストレスなく、旅行できる技をもっと磨いていきたいと思いました。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計24万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年8月26日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「新幹線」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

  5. 5

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  6. 6

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  7. 7

    緊急事態宣言は拍子抜けする内容

    青山まさゆき

  8. 8

    岩田医師 東京都は血清検査せよ

    岩田健太郎

  9. 9

    コロナ対策 国会は現場止めるな

    千正康裕

  10. 10

    韓国がコロナ詳報を公開する背景

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。