記事

フランスで「赤毛大好きフェス」、差別なくすよう訴え


[24日 ロイター] - フランス北西部シャトージロンで24日、第2回「赤毛大好きフェスティバル」が開催された。赤毛への差別について認識を高めるために、数百人の人々が集まった。

フェスを創設したのは、写真家として赤毛の人の写真約800点を集めた本を出しているパスカル・サクルー氏だ。今年の来場者数は少なかったものの、このようなイベントで意識を高めることが重要だと主張。赤毛に対する差別は「大部分の人には関わりがないので、多くの人は知らないか、単に気にしていない。だが、赤毛の人は知っている。1人1人が隅へ追いやられている」と述べた。

赤毛の比率は世界全体で1―2%。フランスでは約3%、英国では6%で、スコットランドでは約13%と世界で最も高い。フランスでは2013年に、サボア地方の13歳の少年が赤毛のせいで学校でいじめを受け、自殺した。

フェス参加者のエミリー・クーロンさんは、差別について「中学校でよくあった。『赤毛は臭い』と言われたりした。非常に疎外され、赤毛とともに生きるのは簡単ではなかった」と語った。

あわせて読みたい

「差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  2. 2

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  4. 4

    韓国法相辞任 反日弱まる可能性

    文春オンライン

  5. 5

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  6. 6

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  7. 7

    元政務官「今井議員の仕事見て」

    山下雄平

  8. 8

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  9. 9

    台風19号 タワマン断水続き悲鳴

    文春オンライン

  10. 10

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。