記事

英首相がEU大統領と会談、いかなる状況でも10月末離脱と表明


[ビアリッツ(フランス) 25日 ロイター] - 英国のジョンソン首相は25日、欧州連合(EU)のトゥスク大統領と会談し、どのような状況であっても現行期限の10月31日にEUから離脱する方針を伝えた。

会談はフランス・ビアリッツでの主要7カ国首脳会議(G7サミット)の合間に行われた。

会談に先立ち両者は、合意なき離脱となった場合の責任は相手側にあると批判し合った。

ある当局者によると、ジョンソン首相はEUとの合意を引き続き望んでおり、EUとの再交渉に前向きだとトゥスク大統領に伝えた。

さらに「首相は、国民投票の結果を尊重しなければならないとして、10月31日にどのような状況下でもEUから離脱すると再表明した」と説明した。

両者は9月の国連総会に合わせてニューヨークで再度会談する。

EU当局者は会談について、ほぼこれまでの両者の立場を繰り返す内容にとどまったと説明。「英国からの何らかの提案が必要だ。状況打開に向けた新たな要素を望んでいる」と語った。

その上で、ジョンソン首相がEUとの合意を望んでいると再度表明したことには安心させられたと述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  2. 2

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  3. 3

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  4. 4

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  5. 5

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    パパ活女性200人超が犯罪被害に

    NEWSポストセブン

  7. 7

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  8. 8

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

  9. 9

    低調な安倍内閣も信頼感ない野党

    早川忠孝

  10. 10

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。