記事

#KuTooの運動広がる

女性が職場でヒールのある靴の着用を強いられること、その苦痛からの解放を訴える「#KuToo」運動が、ネットなどで広がっています。動きやすいスニーカーを採用する企業もでてきた、ということですが、接客業ではパンプスが義務づけられている企業が多く、ヒールの高さや幅の指定がある企業もある、と報じられています。

例えば、3~5センチのヒールを規定しているのは、帝国ホテル、全日空、第一生命などで、日本航空は3~4センチ、燦HDは葬儀の際は3~7センチのヒールを、など様々です。

ツイッターでは、今年に入って「#KuToo」というハッシュタグができ、多くの女性などが仕事中の靴にまつわる苦痛を訴え、ネット上では署名活動も行われています。

「健康被害に苦しんでいる」「女性のみに命じるのは性差別」などの声があがる一方で、声を上げた女性へのバッシングも起きている、とのこと。性被害などについての「#MeToo」運動から発展したものだと思いますが、これまでは見過ごされてきた女性に限っての規定で、女性が能力を発揮する妨げになっているものを見直すことは、必要だと思います。

会社によっては、パンプス以外の靴を履いたり、ヒールが規定より少しでも低い靴を履いたりすると、人事担当者に注意され、規定のヒールの高さの靴に履き替えるように指示されるそうです。

高いヒールのパンプスによって、足の指の晴れ、タコの痛みなどに苦しみ、病院で治療している人もいます。

西洋服飾史の研究者によると、ヒールは近世の男性貴族によって流行させられ、1920年頃からヒールが女性に広まり、ヒールを履いた脚の形が男性が求める女性像を具体化した、ということです。欧米の服飾文化をそのまま受けいれたのが日本で、ヒールは働くのに機能的とはいえず、押し付けは女性の立場や行動をしばりかねない、としています。

海外では、性別による規定を禁止しているところもあり、ハイヒールの着用については、米国では20~30年前に議論され、例えばニューヨーク市では、市の人権条例の中で「性別によって違った服装規定や制服、身だしなみのルールを設けることは許されない」としています。

男性が望ましいと考える脚の形のためにヒールの高いパンプスを履くよう規定することは、女性への差別であり、女性がいきいきと能力を発揮できるようにしていくことが、政府が「女性が輝く社会」を掲げている日本でも、とるべき行動だと思います。

あわせて読みたい

「KuToo」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    政府の肺炎方針に自民議員が苦言

    赤池 まさあき

  10. 10

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。