記事

38歳新婚営業マン 8年同棲した彼女と結婚しなかった理由

2/2

◆告白すると、「結婚前提なら」ときっぱり言われる

 健人さんと同じ年の元カノは、結婚を迫ったりはしなかったのだろうか?

「たぶん、匂わせてはいましたね。部屋に『ゼクシィ』が置いてあったこともあったし、友達が結婚する話をよくしたり。でも、面と向かって“結婚してくれ”と言われたことはなかったんです」

 おそらく結婚願望があったであろう元カノに別れを告げたとき、少し泣かれたが、思ったほどの修羅場にはならなかったという。

「あっけないくらいに、あっさり別れてしまって。あれ? 僕のこと、そんなに好きじゃなかったの? ってショックを受けたくらい(笑)。正直戸惑ったけど、今の奥さんのことがもう好きになっていたので、勇気を振り絞って家を出て行きました」

 すぐに現在の妻に付き合ってほしいと告げると、「結婚前提なら」と、きっぱりと言われた。年齢的にもそろそろと思い始めていた健人さんは、意を決して「もちろん」と答えた。

 では現在の妻は、元カノになかった部分を持つ女性なのだろうか?

「仕事で知り合ったので、最初は家庭的かどうかわからなかったけど、気が利く子だな、と思ってました。飲み会の席で、空いてるグラスにすぐに気づいたりとか。彼女は僕の友人に会いたがって、フットサルについてきたりするから、ちょっと面倒なところはあるんだけど、人に気を使える人なので、友人にもいい彼女じゃんと言われたりして。美人ではないけどいつもニコニコしてるタイプで、奥さんにはいいかなあと」

 実際、家庭的な人でもあった。料理は上手く、お弁当を作ってくれることもあったという。そんな彼女と、付き合い初めて一年もたたないうちに、入籍した。トントン拍子に新生活に移行したのは、元カノと別れた淋しさが少しは影響していたのだろうか?

「そうですね、別れた直後はあったと思います。でも今はまったくないですね。僕、結婚して小遣い制になり、妻には家が欲しい、子供も二人は欲しいと言われているから、過去を振り返っている余裕がなくなりました。ありがたいことです(笑)」

◆もう一回くらい恋愛したい

 付き合っていたときは仲が良かったのに、結婚して一緒に暮らすようになった途端、上手くいかなくなるカップルはいる。健人さんが言うように、結婚は生活なのだろう。そういう意味では、結婚前の同棲で互いの価値観の違いが判明することは、良いことと捉えることもできる。

 しかし、長い同棲期間中に失われていくものもまた、あるようだ。友人に、自分と同じようなヤツがいると、健人さんが教えてくれた。10年以上同棲をしているものの、結婚する気はないと明言しているという。だがその理由は、健人さんとはちょっと違っていた。

「彼が同棲している彼女は、2、3年前に職場のトラブルで仕事をやめてしまって、家賃も生活費も友人が出してるんですよ。再就職が決まるまでは可哀そうだからって、同棲を続けてるんですよね。とはいえその女の子は家事は全部やってくれるらしく、言ってみればすでに専業主婦のようなもの。生活に不満はないようなので結婚しちゃえば、とも思うんだけど、もう愛がないって友人は言ってます。友人は、僕と同い年だから40歳前、もう一回くらい恋愛したいなって思ってるんでしょうね」

 長すぎた春の結末はもちろん人それぞれで、女性側の言い分もあるだろう。結局のところ大事なのは、同棲した時間がかけがえのないものであったかどうか、しかないのかもしれない。

あわせて読みたい

「結婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  2. 2

    森氏発言に見えた「五輪難しい」

    文春オンライン

  3. 3

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  4. 4

    鼻マスク失格 秩序守った監督官

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

  6. 6

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  7. 7

    嬢告白 おっぱいクラスターの今

    文春オンライン

  8. 8

    中国で停電続く 対豪報復がアダ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    テレ東が先陣 マスク着用で好評

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    医療整備に腹くくれない首長たち

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。