記事

「韓国は周辺国の打撃目標になる」予言していた北朝鮮

韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を宣言した。驚愕すべき事態と言える。韓国でも、安全保障や外交の専門家の多くは驚きのあまりひっくり返っていると聞く。

米国の専門家たちはかねてから、韓国がGSOMIAを破棄したら日米韓の協調体制に甚大な悪影響を及ぼすと警告してきた。より正確に言うならば、破棄により打撃を受けるのは日本よりも米国の国益であり、米韓関係だろう。

(参考記事:「韓国に致命的な結果もたらす」米国から厳しい警告

文氏を罵倒する理由

一方、韓国はいずれ孤立し、「周辺国の打撃目標になる」と予言した国がある。ほかならぬ北朝鮮だ。

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は14日付の論評で、米国が地上発射型の中距離ミサイルを韓国に配備すれば、「地域の情勢を激化させ、極東地域で新たな冷戦と軍備競争を引き起こす」と主張。そうなれば韓国は「米国の対朝鮮・対アジア侵略の核攻撃前哨基地に転落し、米国の軍事的制覇を絶対に許さないという周辺諸国の直接的な打撃の標的になるしかない」と強調した。

(参考記事:韓国は「自滅の道を歩むだろう」…北朝鮮がシビアに予言

ちなみに、ここで言われている「周辺諸国」とは中国とロシアのことだ。実際、中国外務省は6日、韓国など米国の同盟国に対し、「米国の中距離ミサイルを中国のドアの前に配備すれば、中国は座視しないで対抗(反撃)措置を取る」と警告している。

一方、エスパー米国防長官は今月、地上配備型の中距離ミサイルを比較的早期にアジアに配備することに前向きな姿勢を示したが、韓国国防省は、米国の中距離ミサイルを国内に配備する協議は行っておらず、配備を検討する計画もないと説明している。

しかし、GSOMIAの破棄で米国に「借り」を作り、今後も安全保障面での米国依存が高まらざるを得ない韓国が、果たして「中距離ミサイルを配備させろ」との要求を突っぱねることができるのだろうか。

仮に、日米韓の3国協調が良好であれば、韓国は「対北朝鮮に専念する」とでも言い訳して、中距離ミサイルの件は米国と(韓国と比べると中国との対決に前のめりな)安倍政権とで相談してもらう、ということも考えられたかもしれない。

だが、日韓関係がこのような事態に至った以上、こんなことは想像することすらできなくなった。

北朝鮮はもしかしたら、こうした事態の展開を早くから予想していたのかもしれない。

※デイリーNKジャパンからの転載

あわせて読みたい

「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  2. 2

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  3. 3

    台風19号にみる野田前首相の英断

    早川忠孝

  4. 4

    素人の台風撮影に頼る報道へ苦言

    krmmk3

  5. 5

    日本がラグビー界に衝撃 海外紙

    文春オンライン

  6. 6

    避難所のホームレス拒否は差別

    大西連

  7. 7

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  8. 8

    横浜・鶴見川 今後も氾濫の危険

    かさこ

  9. 9

    台風時に多摩川で泳ぐ男性に批判

    文春オンライン

  10. 10

    「命を守れ」で途方に暮れる都民

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。