記事

日米貿易交渉・・自動車の関税撤廃は確保できるのか

日米貿易交渉において進展があったとの報道があります。

同時にその内容は、日本が農業分野で譲歩を迫られる一方、日本が攻めるべき自動車輸出については、日本が米国に自動車を輸出する時にかけられてる2.5パーセントの関税等については撤廃されないままでの結論となるという報道もあります。

もしそうなったら最悪のシナリオです。

私が内閣府大臣政務官としてTPP交渉を担当した時の経験からすると、日米の間での大きな取引、すなわちトランプ流で言うと〝ディール〝は、農産物と自動車です。

そんな構図の中で、農業分野で一方的に譲歩をさせられて、仮に自動車分野で米国側の関税の撤廃とならないのであれば、日本側の「完敗」です。

仮に、自動車分野以外で、あの分野でこんなに得るものがあった、といったような「飾り」を作ろうと日本政府はするでしょうが、日本にとって大したメリットのあるものではないでしょう。

どんな結果となるのか。安倍総理が本当にトランプ大統領にモノを言えるような立場にあるのか、これではっきりします。

あわせて読みたい

「日米貿易協定」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    政府の肺炎方針に自民議員が苦言

    赤池 まさあき

  10. 10

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。