記事

日米貿易交渉・・自動車の関税撤廃は確保できるのか

日米貿易交渉において進展があったとの報道があります。

同時にその内容は、日本が農業分野で譲歩を迫られる一方、日本が攻めるべき自動車輸出については、日本が米国に自動車を輸出する時にかけられてる2.5パーセントの関税等については撤廃されないままでの結論となるという報道もあります。

もしそうなったら最悪のシナリオです。

私が内閣府大臣政務官としてTPP交渉を担当した時の経験からすると、日米の間での大きな取引、すなわちトランプ流で言うと〝ディール〝は、農産物と自動車です。

そんな構図の中で、農業分野で一方的に譲歩をさせられて、仮に自動車分野で米国側の関税の撤廃とならないのであれば、日本側の「完敗」です。

仮に、自動車分野以外で、あの分野でこんなに得るものがあった、といったような「飾り」を作ろうと日本政府はするでしょうが、日本にとって大したメリットのあるものではないでしょう。

どんな結果となるのか。安倍総理が本当にトランプ大統領にモノを言えるような立場にあるのか、これではっきりします。

あわせて読みたい

「日米貿易協定」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  6. 6

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。