記事

皇后雅子さまが選ばれた「グレーのストッキング」とその先にある“解” - 矢部 万紀子

 令和になって初めての終戦の日、全国戦没者追悼式の中継をNHKで見た。戦後生まれの天皇陛下と皇后雅子さま。どのように「戦争」というものに向き合うのか。同年代のひとりとして、知りたいと思った。

【写真】雅子さまがお召しになった「グレーのストッキング」


8月15日、全国戦没者追悼式での天皇皇后両陛下

 安倍首相の式辞の後、お二人は戦没者を祀るたくさんの菊に向かって歩かれた。正午の時報を合図に1分間の黙祷、そして陛下による「おことば」。その間、テレビ画面はお二人の姿を横、そして後ろからとらえていた。

 それを見て、気づいたことがあった。

 あ、雅子さま、グレーのストッキングをはいていらっしゃる。美智子さまから受け継がれたんだ。

 その日に陛下が述べられた「おことば」と重なった。上皇さまの「おことば」から「深い反省」という言葉を受け継がれた陛下。受け継ぐべきは受け継ぐ。同時に、新しくするところは新しくしていく。そういう姿勢も示された。そんな令和流に触れ、雅子さまへの期待も高まった。きっとこれから、新しい雅子さまを見せてくださる、と。

グレーのストッキングは、上皇后美智子さまの定番

 順を追って、私の思考回路をご説明させていただく。まずは、ストッキングの話から。グレーのストッキングは、上皇后美智子さまの定番だった。どんな服装でも美智子さまは基本、グレーのストッキングを選ばれた。

 私の手元に「女性セブン」2014年11月13日号がある。美智子さまの傘寿を記念した特別増刊号で「美智子さまの来し方 雅子さまの明日」とタイトルが付いている。

 表紙を飾っているのが、同年6月に沖縄を訪問された時の美智子さまのお写真だ。スーツと小さな帽子はどちらも白を基調とし、上布と言うのだろうか、沖縄らしい生地がアクセントにあしらわれている。そしてストッキングは、はっきりとグレーとわかる色で写っている。

美智子さまと雅子さまがご一緒の写真

 表紙をめくると、<天皇皇后両陛下「愛と信頼」アルバム>と題したグラビアになる。皇太子さま(当時)と美智子さまのご結婚以来、節目節目のお写真が並んでいる。順を追って見ていくと、はっきりグレーとわかるストッキングのお写真が2点あった。

 最初が1977年7月、浜名湖でのご一家の夏休み。美智子さまはアップリケのついたひざ下丈のスカートにグレーのストッキング、白のハイヒール。次は91年10月、インドネシアで陛下と手を繋がれているお写真。アジア3カ国ご訪問での一コマで、美智子さまはバティックのスカートにグレーのストッキング、同じく白のハイヒール。

 増刊号の最後にもグラビアがあり、こちらのタイトルは「同じ運命を分かち合って」。美智子さまと雅子さまがご一緒の写真が集められていた。グレーのストッキングをはかれた美智子さまのお写真は、4点あった。

 最初が94年5月の東京・明治神宮会館(日本赤十字社の式典)、次が2003年4月の赤坂御苑(春の園遊会)、そして07年5月と12年5月が東京国際空港。欧州歴訪とエリザベス女王即位60年祝賀式典への出席。両陛下ご出発の場面だ。服装の詳述はしないが、美智子さまのストッキングがグレーなのに対し、雅子さまのストッキングはすべてナチュラルベージュだと思われる。

 美智子さまもお若い頃はナチュラルベージュのストッキングをはかれていたし、和装やパンツ姿の写真もあるが、徐々に公私どちらの場面でもグレーのストッキングが増え、皇后になられてからはほぼグレーで通されているようにお見受けした。

グレーは「生々しくもなく目立ちもしない」

 美智子さまのストッキングがグレーという話を私が聞いたのは、平成が始まってまだあまり時が経っていない頃だった。教えてくれたのは、宮内庁担当のとある女性記者。彼女は両陛下を近くで取材することになり、まず驚いたのが美智子さまのストッキングだったと語り、こう分析していた。

「ベージュのストッキングだと、肌の色が出て生々しい。黒だと変に目立ってしまう。生々しくもなく目立ちもしない。それがグレーのストッキングなんでしょうね」

 すごく腑に落ちる解説だった。同時に美智子さまが皇室に嫁いで以来のご苦労を思った。小さなことも一つひとつ模索し、ご自分流というものを獲得していったのだな、と。

 美智子さまのファッションは、さまざまに論じられている。先の「女性セブン」増刊号にも、「美智子さま“装いの心得”」という記事が載っていて、ファッションに込められた美智子さまの「ふたつの思い」があると書かれていた。ひとつが質素倹約の精神、もうひとつが日本の伝統の精神だと。

 だが、日本の伝統を生かした服装を質素倹約しながら着ていくとして、ストッキングはどうすればよいのか。民間から皇室に嫁いだ初めての女性として、悩まれたに違いない。直接または間接的に国民の目に触れることを前提に、皇族としての気品を感じさせるファッションを模索された。ストッキングの色の選択も些細なようだが大切なことで、美智子さまはグレーという「解」にたどり着かれたのだ。

 さて話を雅子さまに戻す。皇后になられ、初めて出席した戦没者追悼式でグレーのストッキングをはかれていたことに、私は勝手に感動した。

「戦争を知らない世代」だからこそ、「一層意識的に」

「戦争」というものは、日本の皇室がこれからも引き受けていかねばならないものだ。美智子さまは上皇さまと共に沖縄に心を寄せ、サイパンやフィリピンなどかつての激戦地を訪れた。その思いを引き継がれる証としてのグレー。そんなふうに感じたのだ。

 ストッキングなど所詮、TPOに合わせて選ぶもの。そういうご指摘もあるはずだ。追悼式の雅子さまは、帽子も喪服もグレーだったからそれに合わせただけではないか、と。確かに令和になった翌月の6月8日、雅子さまは故・桂宮さまの墓所を参拝されている。その時の写真を見ると、ストッキングはグレーか黒か判然としない。喪服はグレーだったが帽子が黒だったので、黒かもしれないと思ったりもした。

 いやいや、だけど。

 追悼式を振り返ると、やはり雅子さまはグレーを意図的に選ばれた。そう思えてならない。陛下の「おことば」があったからだ。

 陛下は、「深い反省」という言葉を使われた。「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い」と。上皇さまが戦後70年にあたる15年の式典から使われたのが、「深い反省」だった。安倍首相が決して触れない加害責任を、上皇さまが語る。そのような構図になっていた。陛下は、その構図ごと引き継がれた。

 代替わり前、「戦争を知らない世代であるからこそ、風化させないよう一層意識的にならないといけない」という考えを陛下が示していた。追悼式の翌日、そう朝日新聞が報じていた。上皇さまも美智子さまも、小学生時代に疎開という体験をされている。お二人が持っていた戦争へのリアルな思いを、陛下も雅子さまも持っていない。だから意識しないと、我が事にできない。我が事とするために、意識的になる。

 陛下の1年後に生まれた者として、よくわかる。陛下が「深い反省」を引き継ぐことが「意識的に」の表れなら、グレーのストッキングを引き継ぐことが、雅子さまの「意識的に」なのではないか。そう思えてならない。

「国民」から「人々」へ グローバルな視点をお持ちの両陛下

 そしてもうひとつ考えたのが、「新しさ」のことだった。

 追悼式での陛下の「おことば」は、上皇さまから引き継いだものが大半だった。だが、新しくされた部分もあった。そのひとつに、「終戦以来74年、人々のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが」がある。昨年の追悼式で上皇さまは、「終戦以来既に73年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが」と述べられた。

「国民」から「人々」へ。日本国籍を持つ国民だけでなく、あらゆる人々。グローバルな視点を持つ陛下と雅子さま、令和の視点を感じたのは私だけではないはずだ。そして、大きく開けたグローバルという視点の先に、新しい雅子さまがあるといいな、と思わずにいられない。

 適応障害という病の療養期間が長かった皇太子妃時代の雅子さまが、皇后になって明るくなられた。同世代の女性として、とてもうれしい。そしてこれからますます、雅子さま流を見せていただきたいと思う。そのひとつがファッション。新たな雅子さまのスタイルを、どんどん見せていただきたい。

 美智子さまが「グレーのストッキング」という解を見つけられ、質素倹約と日本の伝統を生かすというポリシーを打ち出された。雅子さまは元々おしゃれな方だから、きっと既に「解」をお持ちなはずだ。ためらわずに、打ち出していただきたい。だって、令和なのだから。

 グレーのストッキングの先にある、新たな一歩。雅子さま流ファッションが、ますます楽しみだ。

(矢部 万紀子)

あわせて読みたい

「皇后雅子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    読売の陰謀? 続くプロ野球不祥事

    文化通信特報版

  2. 2

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  3. 3

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  4. 4

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  5. 5

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  6. 6

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

  7. 7

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  9. 9

    資材大手の不正 事業拡大がミス

    川北英隆

  10. 10

    部落差別に罰則求めるのは逆効果

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。