記事

あおり運転する人とあおりコメントする人、実はよく似ている

取手警察署に入る宮崎文夫容疑者(時事通信フォト)

送検される宮崎文夫容疑者(時事通信フォト)

 あおり男に向いた牙は凄まじかったが、実はこの世はあおりに溢れている。コラムニストの石原壮一郎氏が考察した。

【写真】送検される宮崎文夫容疑者

 * * *
「あおり運転」に対する批判が盛り上がっています。話題になっている「あおり運転」の動画は、極めて悪質かつ危険かつ不愉快であり、「なんだこいつ!」という怒りの感情を刺激されずにはいられません。

 程度の差はあれ、多くのドライバーはあおり運転をされた経験があるだけに、人ごとではないと切実に受け止めているのでしょう。今回の件が、ほかのバッシング騒動と同じように「世間の一時的な憂さ晴らし」で終わるのではなく、あおり運転をするドライバーの減少、そして根絶につながることを願ってやみません。きっとつながるでしょう。

 ところで、あの動画を見て「あおり運転」のみっともなさを目の当たりにするたびに、これって何かに似ている……という既視感を覚えます。つらつら考えて、「そうだ!」と気が付きました。「あおり運転」をする人と、ネット上で勇ましい言葉を並べて「あおりコメント」をする人とは、じつは同類なのではないだろうか。

 ネットニュースのコメント欄やSNSには、不毛で醜悪な「あおりコメント」が大量にあふれています。特定の国や民族を口汚く非難したり差別したり。あるいは、少数派や女性(ときには男性)を見下したり。バッシングされている対象に得意気に石をぶつけまくるのも、立派な「あおりコメント」です。いわゆる「反体制」や「リベラル」の立場から、残念な「あおりコメント」に精を出している人も少なくありません。

 なぜ「あおり運転」と「あおりコメント」が似ていると思ったのか。直感を裏付けるために、5つの共通点を考えてみました。

【「あおり運転」をする人と「あおりコメント」をする人の共通点】

その1「そもそも相手が悪いんだから自分は何をしてもいいと言い張る」
その2「(本人の認識で)自分より弱そうな相手をターゲットにする」
その3「クルマの大きさなり時流なり『権威』を笠に着て強気に出る」
その4「極めてみっともないけど、本人だけはカッコイイつもりでいる」
その5「いかにも、自信や目標を持てない人がやりそうなことである」

●その1「そもそも相手が悪いんだから自分は何をしてもいいと言い張る」

「あおり運転」をする人は、自分では「相手が危険なことをしたから、懲らしめてやっている。自分は悪くない」と思っています。仮に相手の運転にヒヤッとさせられたとしても、追いかけ回して危険な目に遭わせてもいい理由にはなりません。まして暴力をふるうのなんてもってのほか。その程度の理屈は、誰にでもわかるはずです。

 ところが「あおりコメント」をする人も、同じ理屈で自分を正当化するのが大好き。特定の国や民族に対して、自分に都合のいい解釈で相手の落ち度をでっち上げて「だから何を言ってもいい」と見るに堪えない罵詈雑言をぶつけたり、理不尽な差別をしたりします。仮に相手に問題があったとしても、それはたいていお互い様だし、罵詈雑言をぶつけていい理由にはなりません。その程度の理屈がわからない人が、なんと多いことか。

●その2「(本人の認識で)自分より弱そうな相手をターゲットにする」

 ダメな上司や電車の中で若い女性を怒鳴りつけているおじいさんも同じですが、「あおり運転」をする人は、自分より弱そうな相手だけをターゲットにします。「あおりコメント」をする人も、日本より劣っていると思い込んでいる国(単なる勘違いだし、そもそも国と国に優劣をつけること自体がトホホ)や、現在バッシングを受けている「遠慮なく攻撃できる対象」に対して、思いっ切り肩を怒らせて強気に振る舞います。

●その3「クルマの大きさなり時流なり『権威』を笠に着て強気に出る」

「あおり運転」をする人は、乗っているクルマの大きさや値段によって、自分の価値が上がると本気で信じています。「あおりコメント」をする人も、自分で物事の是非を判断するのは苦手ですが、時流を察知して“勝ち馬”に乗ったり、聞こえのいい主張を借りてきたりするのは得意。あるいは、自分の性別や国籍に手前味噌な優位性を抱いたり……。いずれも、何らかの「権威」を笠に着ているという点では同じです。

●その4「極めてみっともないけど、本人だけはカッコイイつもりでいる」
●その5「いかにも、自信や目標を持てない人がやりそうなことである」

 このあたりは説明不要でしょうか。みっともないうえに、イキればイキるほど「この人、本当は弱虫なんだろうな」という印象を与える点も共通しています。また、「あおり運転」にせよ「あおりコメント」にせよ、自分の役割を果たしつつ自信と目標を持って充実した毎日を送っている人は、そんなことをしたいとは思わないでしょう。

 じっくり見比べてみると、やはりふたつは似た者同士であり根っこは同じと言えそうです。「あおり運転」は言うまでもなく、「あおりコメント」の蔓延も善良な市民生活を直接間接に脅かさずにはいられません。「あおりコメント」がますます幅を利かせるようになったら、いろいろ取り返しがつかないことになります。どうすれば根絶できるでしょうか。

「あおり運転」は、インパクトのある動画をきっかけに非難が高まりました。「あおりコメント」も、それをスマホやパソコンに打ち込んでいる人のニヤニヤ顔を動画にとって拡散するのはどうでしょう。見た人に「うわ、みっともな!」「うわ、腹立つ!」という感情を呼び起こして、「あおりコメントをなくさねば!」という世論が盛り上がるかも。ただまあ絵面的には地味なので、インパクトはいまひとつですね。

 とりあえずは、世の「あおりコメント」ジャンキーのみなさんが、書き込んでいるときに「今の自分がどんな醜い顔をしているか」を想像してくれたら、少しは減るかもしれません。これを読んで「自分も当てはまるかも」と思った方は、まだ更生は可能です。大半のジャンキーの方には「何がいけないんだ!」とあおられそうな気はしますけど、ひとりでも多くの方に「あおりコメント」のみっともなさやくだらなさが伝わりますように。

 以上、「あおりコメント」に対する「あおり原稿」でした。そもそもあいつらが悪いんだから、このぐらい言ってもいいですよね。

あわせて読みたい

「あおり運転」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  4. 4

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  5. 5

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  6. 6

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  7. 7

    ガソリン車新車販売 禁止へ調整

    ロイター

  8. 8

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

  9. 9

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  10. 10

    「鬼滅の刃」米で成功の可能性は

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。