記事

トランプ大統領の「親北」が元凶である

トランプ大統領が北朝鮮の核兵器保有を事実上容認し、アメリカに届かぬミサイルならいくらでも発射していいとお墨付きを与えたところから、全てが狂ってきた。

筋金入りの「反日」で、北朝鮮への異常な信頼感を持つ文在寅が、朝鮮半島での戦争はもう永久にないと確信し、日米の民主主義陣営より、中ロ北の独裁国家の陣営と一体化しようとしている。

北朝鮮に「アホは成長するほど、より大きなアホになるというが、それは南朝鮮当局者を指して言う言葉だ」とまで痛罵され、韓国を狙うための短距離ミサイル実験を次々実行されているというのに、文在寅はアホになり過ぎてまだ民族の絆に妄想を抱いている。

自国の安全保障すら犠牲にしてでも北朝鮮に擦り寄りたい文在寅政権が倒れぬ限りはどうにもならない。
日本は韓国に対しては冷ややかに見ておればいい。
熱くなる必要はない。
冷ややかに冷ややかに見ておればいい。

日本がやるべきことは、トランプへの忠告だ。
「あんたが北朝鮮の体制保障と核保有を容認したから、韓国が事大主義で中ロ北に溶け込もうとしている。
金正恩から“美しい手紙”とやらをもらってヘラヘラしてるから、こういうことになるんだよ。いいかげんにしなさい!」
そう言わなければならないのだ。

この事態を招いたのはトランプ大統領である。
北朝鮮との緊張関係を堪えぬく精神力がなさ過ぎる。
現在の国際関係は帝国主義の時代ではないと思い込んではならない。
水面下での帝国主義も冷戦も続いていると認識するしかないのだ。
いいかげんに大人になって欲しい。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。