記事

星野源の「暗黒時代」を変えた友人の一言「バンドやらない?」

 星野源が、8月21日放送の『1周回って知らない話 2時間SP』(日本テレビ系)で「暗黒時代」を語った。

 高校時代について「コミュニケーションが苦手だったんで。うまくいかないなーって悩みで、精神的に病んできちゃって。高3のときに3カ月ぐらい学校行けなくなっちゃって」と不登校を明かした。当時を「暗黒時代ですね」と振り返った。

 不登校の日々を変えるべく、規則正しく起きて、朝ご飯を食べる生活をしたところ、ちょっとずつ元気になり、3カ月ぶりに学校に登校できた。

 すると、クラスメートから「バンドやんない?」と声をかけられたという。それまで「バンドは恥ずかしい。人前に出るのはイヤ」と自宅で1人で音楽を作っていたが、「これはいま『うん』と言わなきゃダメだと思って、『やる!』って(返事して)。そこから人前でやれるようになった」と転機を明かしていた。

 星野はウェブ「マイナビ転職」のインタビューで、高校時代に見た松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」の舞台に大きな影響を受けたと語っている。

「それまでの僕は内気だったのもあり、自分を抑え、いい人を演じていました。でも、心の闇も笑いも感動もある芝居を観て全部破壊されました。内面に秘めていたドロドロした部分を一気に吐き出せたような吹っ切れるものがあり、正直な自分が見えた気がしました」

 星野は高校卒業後、さまざまな劇団のオーディションを受け、舞台などに出演していく。23歳のとき、松尾が楽器の弾ける役者を探したことから、舞台『ニンゲン御破産』に出ることになった。繊細な高校時代に受けた影響が、将来を決定づけたのだ。

あわせて読みたい

「星野源」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。