記事

歴代2位2799日に “超長期政権”安倍首相の「引き際」はどうなる? 「潔くなかった」佐藤栄作&吉田茂から学べるか - 近藤 正高

1/2

 安倍首相の通算在任日数がきょう8月24日で2799日を数え、佐藤栄作を抜いて歴代2位となった。歴代1位は桂太郎の2886日だが、それもこのままいけば今年11月20日には抜くことになる。なお、連続在任日数では佐藤栄作が1位で、安倍首相がこれを抜くとすれば、来年8月24日に達成する。

【写真】歴代の“超長期政権”総理の写真を見る(全8枚)

 安倍首相は2018年の自民党総裁選で3選を果たし、任期を2021年9月まで延ばした。自民党の党則では連続4選は禁じられており、首相本人も次の総裁選への出馬を否定しているものの、自民支持層には党則を変えて続投を望む向きも多い。

今年4月に産経新聞社とFNNが行なった世論調査では、自民支持層の過半数が続投に賛成と答えている(※1)。ただし、任期が延びれば延びるほど、引き際が難しくなることは、過去に長期政権を担った首相たちが身をもって証明している。ここでは佐藤栄作と、通算在任日数が2616日で歴代5位の吉田茂の例を中心に振り返ってみたい。


2006年9月に戦後生まれ初の内閣総理大臣に(写真は2006年11月) ©AFLO

(1)佐藤栄作(2798日)の最後「偏向的な新聞は大嫌いなんだ」

 安倍首相の大叔父(祖父で元首相の岸信介の弟)にあたる佐藤栄作は、1964年の東京オリンピック閉幕直後の11月9日に第1次内閣を発足させ、以後、3次にわたって政権を担った。1972年5月15日、在任中の最大の課題であった沖縄返還を実現した佐藤は、これを花道に政権を手放すものと見られていた。だが、退陣を表明したのはそれから1ヵ月あまりが経った6月17日であった。

佐藤はこの前日、国鉄運賃値上げ法案と健康保険法改正案が参議院で廃案となったとき、初めて辞職を決意する。周囲には「大事な案件が自分の力で処理できなかったときこそ、やめるべきものさ。政治家とはそういうもんだ」と語ったという(※2)。

 退陣表明の記者会見は荒れに荒れた。官邸の会見室に現れた佐藤は、「テレビカメラどこかね」と記者席を見渡すと、「きょうはそういう話だったんだ。新聞記者の諸君とは話(を)しないことになってるから。僕は国民に直接話(を)したいんだ。文字になると違うからね」「偏向的な新聞は大嫌いなんだ。直接国民に話したい。やり直そうや。(記者たちを追い払うように手を振り)帰ってください」と言い放ち、いったん退出した(※3)。

「花道とか、損得とか、そんなものは論外だよ」

 じつは会見を前に官房長官の竹下登(のちの首相)は、テレビを通じて国民に直接話したいという佐藤の意向を受け、内閣記者会とのあいだで、新聞記者は会見室に入るものの質問はしないと話をつけていた。だが、佐藤は、記者が集まっていることに「約束がちがうじゃないか」と、竹下や山中貞則総務長官らをにらみつけると、自ら席を外したのである(※4)。

このあと、山中のとりなしで佐藤は再び会見室に戻った。しかし今度は、先の首相の発言は絶対に許せないと、内閣記者会の代表幹事が抗議する。これに対し佐藤は「出てください、それなら。かまわないですよ。やりましょう。出てください」と机を叩いた(※3)。はたして記者たちは一斉に退場し、佐藤はテレビカメラに向かって一人で語るという異常事態となる。

 世間の予想どおり沖縄返還の実現を花道に退陣を表明していれば、佐藤はもっと国民に惜しまれながら見送られたはずである。家族からもこれについて退陣後に蒸し返されたことがあったが、佐藤は怒って「一国の宰相というものはな、自分がやめる、その瞬間まで、やめるということを口にすべきもんじゃない。それを口にすることによって国全体が揺れ動くんだ。外国への影響もある。花道とか、損得とか、そんなものは論外だよ」と反論したという(※2)。

(2)吉田茂(2616日)も「引き際を誤った」

 佐藤栄作を政界に引き入れた師である吉田茂もまた、1948年10月15日の第2次内閣発足から6年2ヵ月(第1次内閣を含めた通算では7年2ヵ月)の長期政権を維持しながら、その引き際を誤った。

 吉田は、1951年9月、サンフランシスコ講和条約に調印し、敗戦後6年以上続いた連合国の日本占領にピリオドを打った。調印を終えた彼は、祝いのシャンパンを口にしながら「これで御用済みとなって、あとは楽にさせてもらえると有り難いんだがなあ」とつぶやいたという(※5)。実際に講和条約調印を花道に勇退していれば、吉田は国民から英雄視されていたかもしれない。しかし、吉田はその後も政権の座にとどまり、その独断的な政治姿勢から「ワンマン」などと称された。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMフリースマホ技適通過

    S-MAX

  2. 2

    災害で学ばぬ自治体の自衛隊任せ

    清谷信一

  3. 3

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  4. 4

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  5. 5

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  6. 6

    一般人と対話拒否 前大臣の暴挙

    PRESIDENT Online

  7. 7

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

  8. 8

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  9. 9

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  10. 10

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。