記事

元オウム死刑囚の妻たちが手記につづった死刑執行からこの1年

1/2

 昨年7月、元オウム教祖や幹部ら死刑囚への大量執行があってから1年。8月7日発売の月刊『創』(つくる)9月号に、新實智光元死刑囚と土谷正実元死刑囚の妻が手記を公表した。このヤフーニュースには昨年、新實元死刑囚の妻の手記を掲載して反響を呼んだ。夫を遺体で引き取った妻が、処刑後の遺体の様子を描いた部分などが、それまで死刑囚についてほとんど知られていない話だったからだ。未読の方は下記へアクセスすれば読むことができる。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20181107-00103264/
元オウム新實智光死刑囚の妻がつづった夫の死刑執行をめぐる衝撃手記!

 今回、『創』に掲載したのは、それから1年、ようやく妻が少しずつ夫の死を受け入れられるようになった、この7月に書いた手記だ。

 例えば新實元死刑囚の妻は、今年になって初めて夫の遺品の日記や手紙を読めるような心情になったという。それらを全て読んで思ったのは、世間では新實元死刑囚は最後まで麻原教祖への帰依をやめなかったと言われているが、実はそうではなかったのではないかという思いだったという。

 この話も興味深いが、今回、ぜひ紹介したいのは、土谷正実元死刑囚の妻の手記だ。新實元死刑囚の妻は、以前はオウムの信者だった女性だから幹部と獄中結婚という話は理解できるのだが、土谷元死刑囚の妻は、何とオウムと全く関係のない一般の女性だからだ。それがどうしてオウム幹部、しかも死刑囚と結婚することになったのか。そして昨年の執行をどう受け止めたのか。これまでほとんど知られていなかった興味深い話が書かれている。

 土谷元死刑囚は筑波大学大学院科学研究科出身で、オウム教団でサリン製造にあたった。この人がいなければサリン事件は起きなかったと言われている。自分の科学者としての知識を大量殺戮のために使うことになったという現実の重大さに苦悩し、死刑確定後は、周囲が再審請求を勧めても、自分は死んで償いたいとそれを拒み続けたという。

 その夫の苦悩を支え続けたのが妻の存在だった。サリン事件の元凶で死刑を宣告されている男性との結婚を、信者でもない女性がなぜ受け入れたのか。詳細な手記が公開されるのはこれが初めてだ。

 2人の妻とも夫に生前、マスコミの取材は受けない方がよいと言われていた。それはいわば夫の遺言でもあったのだが、死刑執行後、夫の遺志を伝えた方がよいのではないかと思うこともあり、今回、2人で手記を発表した。

 そうなった理由は、例えば新實元死刑囚について言えば、遺品の日記などを読むうちに、教義や教団との関係について、社会に伝えられている夫のイメージと実際がかなり違うことに気づいたからだという。

昨年は大きく報じられた死刑執行だったが

 昨年のオウム元死刑囚大量執行の時、政府がその時期にそうしたのは、「平成の大事件は平成のうちに決着をつけようと考えた」からだと言われた。その言葉通り、執行から1年経って、多くの人が大量執行のことを忘れてしまったかに見える。一部のメディアでは「執行から1年」という報道がなされたが、全体としてみれば大きな注目はなされなかった。そのことへの疑問も含めて、『創』は今回、2人の元妻の証言を掲載することにしたものだ。

 全文はぜひ発売中の『創』9月号を読んでいただきたいと思うが、ここではその手記の主要部分を紹介する。

土谷正実元死刑囚の妻の手記

 最初に夫と会ったのは私が10代の時でした。その頃、夫は筑波大学の学生で塾の講師をしており、そこの塾生だった友人と待ち合わせるため、私がその塾に何度か足を運んだことがあり、その時偶然知り合いました。

 実家が近いなどの接点があり、しばらくの間、友人付き合いがありましたが、私が受験生となって以降、夫とは徐々に接点がなくなっていきました。夫がオウム真理教と関わっていることも知りませんでした。

 ところが2006年頃、拘置所の夫から突然手紙が届いたのです。驚いて読んでみると、私に会いたいと書かれていました。

 悩みましたが、1カ月ほど手紙のやり取りが続いた末に、とりあえず会いに行ったのです。確か4月頃だったと思いますが、それから何度か面会に行くうち、7月頃になると、夫から毎日手紙が送られてくるようになりました。

 接見も週に3度4度と増えていき、そういうやりとりを2年ほど続けた後、2008年に夫から結婚して下さいと言われたのです。少し考えさせてほしいと言いました。

 私の家族は、親も私の生き方にはあまり干渉しないという関係だったので、相手がそういう人だから反対するという人もいませんでした。最終的には、私自身の考えで入籍することにしたのです。

 結婚してからは、私が仕事の都合で数年間海外で暮らしていた時期もあり、ずっと一緒ではなかったのですが、昨年、死刑執行がなされるまで、土谷とは夫婦でした。

東京拘置所から刑の執行を伝える電話

 2018年7月6日、夫が刑を執行されました。実は拘置所から連絡がある前に、新實さんの奥様のユリさん(仮名)から電話をいただきました。ご自身もパニック状態だったに違いない中で何度も私にお電話を下さり、あなたの夫も執行されるかも知れないから早く会いに行ってあげて、と気遣ってくれました。

 東京拘置所からは、新實さんの電話を受けて少したって連絡があり、執行されたことを知らされました。そして後でもう一度電話があり、引き取りをどうされますかと訊かれ、考えて後程お電話しますとお伝えしました。

 夏場で予想外の出来事だったため、夫の遺言では遺体での引き取りを希望していたのですが、ちょっと無理だと判断し、拘置所で荼毘に附して頂きたい旨、伝えました。

 その後対面を希望し、拘置所で夫の遺体と対面しました。眠っているような穏やかな眠顔をしており、どんな気持ちで独り逝ったのだろうと、冷たくなった頬を触りながら漠然と考えていました。通して下さった刑務官の方から、数日前に問題行動があり保護房からの執行となったが穏やかに逝きましたと聞かされ、もう本人も拘置所での生活に限界を感じていたのだと悟りました。

 最期は私の名を呼んでいたと聞き、ようやく楽になれたんだという思いと、夫は最期まで私だけを想っていたんだという思いと、とにかく何とも言えない複雑な心境でした。

 とりあえず拘置所に夫を残し花を買うと、その日の夜中、大阪へ向けて車を走らせました。今、自分と同じ思いをしているのが世界中でユリさんだけだと思うと、無性に彼女と会いたくなりました。

結婚記念日の翌日に執行された

 翌朝、いきなり彼女に連絡を入れ、ご主人のお焼香をさせてもらいに来たと告げました。驚いた彼女は、しかし私の訪問を喜んでくれました。お花とお供物を渡し、ご主人の智光氏と最初で最後の対面をさせて頂きました。智光氏もきれいな眠顔をされており、彼もまたしんどかったろうと慮りました。生前夫がお世話になったお礼を智光氏に伝え、 たくさんの弔問客が入れ替わり立ち替わりしていく中、遅くまでご遺体を囲み彼女と話し込みました。

 何とかその数日間を乗り切るため、お互いを励まし合う時間が、私たちには必要でした。帰路につき、暗い高速道路を走りながら、心底彼女の存在の大きさを実感しました。

 この日は私と夫の10年目の結婚記念日で、夫は記念日の前日執行されたわけです。そして9日、荼毘に附したので、しばらくの間なら預かっておけるが、いつ引き取りに来るかと拘置所からご連絡を頂きました。

 その日の夕方、いつもの面会ゲートとは別のゲートから入って来るよう指示を受け、4時過ぎに拘置所へ夫を迎えに行きました。応接室のような部屋へ通され、数人の刑務官の方の前で遺品の引渡しや遺言を伝えられました。

 一通りの事務的な手続きを終えると、では、お連れしてよろしいですか?と私に問い、遺骨となった夫が連れて来られました。桐の箱に入れられた骨壺の確認と埋葬許可証の保管の必要性など説明を受ける間、泣くまいと涙を堪えるのに精一杯でした。

 報道関係者が沿道に陣取る中、誰にも気付かれることなく拘置所を後にできました。唯一、長年夫との接見に立ち会って下さっていた刑務官の方がおり、いつの間にかお姿を見かけなくなってしまいお辞めになったのかなと案じていたのですが、異動になられていたようで、引き取りに伺った建物入口で守衛をなさっておられました。久方ぶりにお元気なお姿を見られ、「やっと連れて帰れます。長い間お世話になりました」と、ご挨拶できたことに、夫も一安心したのではないかと思いました。

あわせて読みたい

「オウム真理教」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中年男性とJK密会描く漫画が物議

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    現金にこだわるサイゼ社長に呆れ

    永江一石

  3. 3

    維新が森ゆうこ議員の懲罰を要求

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    スタバのモバイル注文は「残念」

    内藤忍

  5. 5

    現代人にADHD的なミスが多い理由

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  7. 7

    GSOMIA騒動 隠れて不買続く韓国

    NEWSポストセブン

  8. 8

    昭和女性描く漫画 閉塞感に愕然

    紙屋高雪

  9. 9

    元セガ社長の暴露に「ムカつく」

    fujipon

  10. 10

    「芸能人逮捕は陰謀」真剣に検証

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。