記事

誰が感情的なのか?

玉川徹がメディアの日韓関係の報道を批判している。
それを田原総一朗が評価している。

GSOMIA破棄に関するテレビ報道に対して、玉川は「こうなってくると、日本の方がもしかすると感情的にエスカレートしている風に僕には見える」と言い、戦前のようにメディアが国民を煽って危機的状況になると必死で警告を発している。
わしにはさっぱり理解できない。

一番、感情的なのは文在寅大統領であって、アメリカから見ても異常にしか見えないだろう。

二番目に感情的なのは、玉川徹であって、このところの日韓関係の悪化に対して、自国民にばっかり警告を発している。

もともと「嫌韓」のネトウヨ系がいたにはいたが、今回は安倍政権も、一般国民も、全然感情的ではないと思うが?

わしは玉川徹や青木理のように、上から目線で自国民を諫める説教なんかより、専門家の分析が聞きたいのだ。
羽鳥慎一モーニングショーより、他の番組の方がそれが聞けるから重宝している。

感情的な自虐史観で、自国のメディアや国民を愚民扱いして、諫めてばかりいる人間って何様なんだろう?

国際社会に平和を望む者ならば、「条約を守れ」「国際法を守れ」と言うはずであって、安倍首相が「約束を守ってくれ」というのは立派な平和主義の忠告である。

玉川や青木のように「条約を守らなくても怒っちゃいけない」という人間は、「話し合い」の結果としての「条約」をあまりにも軽んじている。

田原総一朗は国民をクールダウンさせるためには、北朝鮮がミサイルを発射しても「人工衛星だ!」と叫び、「拉致被害者は死んでいる!」とデマばかり言ってきた人間だ。
わしは事実を知りたいだけであって、全然、感情的になってはいない。
国民もそうだと思う。

あわせて読みたい

「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  2. 2

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  3. 3

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  4. 4

    新型iPhone発売も内外から逆風

    ロイター

  5. 5

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  6. 6

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

  7. 7

    韓国政府の日本語サイトに苦言

    AbemaTIMES

  8. 8

    英軍の靖国参拝めぐる右派の誤解

    清 義明

  9. 9

    千葉のゴルフ場を悪者にする謎

    かさこ

  10. 10

    読売の陰謀? 続くプロ野球不祥事

    文化通信特報版

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。