記事

帰国子女から不登校になった私 周囲は気づかなかった心のダメージ

1/2
佐藤祥子さん

 NPOの中間支援組織「NPOサポートセンター」で働く不登校経験者・佐藤祥子(しょうこ)さんにお話をうかがった。

* * *

――不登校当初のことを教えてください。

 不登校になったのは中学2年生の5月ごろです。そもそも親の仕事の都合でタイに住んでいたので、幼稚園から小6までは日本人学校に在籍していました。帰国してからは中高一貫の女子校に入学しました。

 不登校の理由はいろいろありますが、そもそも日本の環境になじめなかったんだと思います。

 満員電車に乗ったことがないとか、タイは1年中、夏なので日本の寒さがつらいとか、そういう環境変化に体がついていかず、よく体調を崩していました。

 とくにひどかったのはノロウィルスです。ほかのウィルス症状が混ざっていたのかもしれませんが、月に1度ぐらいは、ノロを患ったかのような症状に苦しみました。

――同級生たちとの関係はどうだったのでしょうか。

 合わなかったですね。タイの文化と日本の文化がちがうこともよくわからず、それに気がついたのは中学校の登校初日でした。

 みんなに「いぇーい、よろしく」って、タイでの雰囲気のままガンガンあいさつしちゃったんです。伝統的な学校だったので、悪目立ちしちゃったんでしょうね。

 そこからは「いじり」の対象になっていきました。明確ないじめではなかったと思いますが、ジワジワと自分の居場所がなくなっていく感じというか、異物として扱われていく感じに傷つきましたね。

 体調面といじり、そしてもうひとつ私が苦しかったのが勉強でした。体調不良で勉強ができないうえに、日本の勉強のレベルにもついていけなかったんです。

 それまでは親の期待に添う「よい子」だったのに、成績が下がって怒られることはとてもつらかったです。


ノロウィルスから摂食障害へ

――なるほど、いくつもの理由が重なっての不登校だったんですね。

 中学2年生になってすぐ、ひどいノロウィルスにかかりました。ノロウィルスが治ってからも、そのときの苦しさが忘れられず、食べることさえ怖くなって摂食障害になりました。

 体重も40㎏台から30㎏があるかないかまで減り、自然と体力も落ちて外に出るだけで具合が悪くなっていました。もう悪循環にハマって学校どころじゃない、と。

――周囲はどんな反応だったのでしょうか。

 私も周囲も体調不良が原因だと思っていたので、「学校へ行きなさい」という人はいませんでした。

 ところが、学校へ行けない日が長くなってくると、病院へ行かされたり、親が不登校情報を集めたりするようになってきました。

 このころは苦しい時期でした。親の期待に応えられない自分自身がすごく悔しかったですし、摂食障害も続いていたので、入院が必要かどうかの話し合いもしていました。

 頭のなかでいろんな不安と焦りがあふれてきて、夜通し自分の心配をふせんに1個ずつ書くこともありました。

 そんななか、親は「親の会」をしているNPOを知り、さらにはカウンセリングを受け始めます。

 そのなかで、学校へ行けないのは体調が悪いだけではなく、心が無理していたこと、親がこうあってほしいという子ども像に私が苦しんでいたことに、気づいていったそうです。

 一方、私も月に一度の地域の料理教室や塾通いを始めるなど、少しずつ行動できる範囲を広げていく時期でした。

あわせて読みたい

「不登校」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    読売の陰謀? 続くプロ野球不祥事

    文化通信特報版

  2. 2

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  3. 3

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  4. 4

    千葉悩ます倒木処理 識者が助言

    田中淳夫

  5. 5

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  6. 6

    元SMAPへ圧力濃厚 公取委の見解

    笹川陽平

  7. 7

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  8. 8

    議論から逃げる日本のリベラル

    青山まさゆき

  9. 9

    資材大手の不正 事業拡大がミス

    川北英隆

  10. 10

    部落差別に罰則求めるのは逆効果

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。